モーション・グリーン

2018年、目標は読書300冊読破!のはずが、ここにきて400冊に変更?!進捗は当ブログで随時更新中。他には特撮(仮面ライダー)・ドラマ・アニメの感想などなど。

【センゴク、領主になったってよ】読書感想:センゴク天正記(1) (ヤンマガKCスペシャル)

センゴク天正記(1) (ヤンマガKCスペシャル)

 

 

いよいよ第二章開幕。

 

が、

 

第一章から読んでいる読者からすると拍子抜けかも?

 

 

まだ駆け出しの武芸者・センゴク

泥臭い、小さな集団・木下軍。

 

信長という稀代の英傑を主君にもったこの妙な?集団が、苦しみ、悲しみ、喜び、高めあって、戦国時代を走っていった第一章。

 

そのセンゴクも、いまいっぱしのプレイヤー。

津々浦々で任務に就き、終わればまた移動。

第一章で様々なことを経験したことが活きていまや大忙し。

 

それはそれで楽しいお話しだったけど、あの躍動感が薄れ、違和感が・・・

 

 

まあ、センゴクもいまや領主様。配下を持ち、小勢ながらも立派な軍団長。

木下軍も出世して、もはや織田家の有力集団。

今までみたいなテンションではいかないんだろう。

 

織田軍を取り巻く状況も楽になったわけではない。この後は激戦が待っているのだから、その導入と思おう。

 

環境が変わったからこその新章、はやくその感覚に慣れないと・・・

 

まあ、といってもセンゴクのさっぱり力業ドジ展開はサービスしすぎかなあ。

 

センゴク天正記(1) (ヤンマガKCスペシャル)

センゴク天正記(1) (ヤンマガKCスペシャル)

 
センゴク天正記(1) (ヤングマガジンコミックス)

センゴク天正記(1) (ヤングマガジンコミックス)

 

 

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

 


読書感想ランキング