モーション・グリーン

2018年、目標は読書300冊読破!進捗は当ブログで随時更新中。他には特撮(仮面ライダー)・ドラマ・アニメの感想などなど。

【貧乏くじ名将の輝き】読書感想:奥羽関ケ原 

奥羽関ケ原――政宗の謀・兼続の知・義光の勇――

 

 

戦国時代。

 

実力は間違いなくあるのに、どうも結果に恵まれない人間がいた。

 

いわゆる、貧乏くじばかり引く者。

戦国時代ファンが集まると、「あのとき~だったらなあ」と話題にのぼる人物や事態は、だいたい一緒だ(笑)

知る人は指をたくさん折って(笑)名前を挙げるだろう。

 

この漢も、その指の中に含まれているに違いない。

 

最上義光

山形が誇る名将にして猛将、そして“貧乏くじ”大名だ。

 

 

f:id:maito0405:20180617122819j:plain

 

 

東北の大名(武将)と言えば、数世代前の血筋に阻まれ、なかなか領土を拡大することができなかった。

そのしがらみを越えられる、冷徹さと残酷さ、勇気と先見の明が必要だった。

 

最上義光には、その能力があったと言われている。

世が世であれば、東北を平定し、中央に押し出したかもしれない。

 

だが、東北には若き若き才能・伊達政宗がいた。

政宗に領土拡大を阻まれ、もくろみは頓挫した。

 

秀吉による天下平定後、豊臣秀次に嫁がせた愛娘は、嫁ぐことすらできずに

この世を去った。

それに悲嘆した妻も亡くなる。

 

(実は本作後においても、義光には悲しい結末が待っている)

 

もし、豊臣政権が安定して、太平の世が来ていたら、

義光は悲観に暮れる老後を送ったことだろう。

 

だが、東北から狼煙は上がった。

不安定な世の中、無秩序な世界の再来。

九州で、東北で、想いを迸らせた漢たちが立ち上がる。

 

そして東北・奥羽の地。

伊達政宗・直江兼続・そして義光が大志と野望を全面に押し出した、みちのくの関ヶ原を描いた本作。

副題で三人の名前が挙がっているが、メインは義光というのが、この作品のミソ。

 

実は、義光、戦国時代ファンの中でも隠れた(そして熱い)人気を誇る武将。

その理由は、冒頭に記し悲運にあり、悲運の先に示した姿にある。

 

愛娘・駒姫を失った悲しみと、己の老いへの恐怖

物語前半はどこか弱気で、中央との外交(折衝)におびえを見せる義光

 

だが

クライマックスでは、上杉軍との壮絶な死闘に赴く。

 

もう一度己を奮い立たせ、前線に立ち続ける姿は、文章でありながら興奮すること

請け合い。

東北歴史ファン(最上ファン)にはたまらない一冊だ。

 

 

ただ、

本書は(個人感覚だが)送り仮名が見慣れない形だったのでやや読みづらい。

 

また、政宗・兼続とその周辺武将の扱いが結構そんざい。 

最上家の武将が名前を全て記載し、キャラクター像まできっちり描き、名も無き老将に最高の見せ場を創ったのに比べ、

伊達・上杉の武将(名のある?)をはしょっているのは、伊達・上杉ファンからするといただけないだろう。

(留守政景という、なかなか視点があたらない武将を据えたのは見事だと思うが)

 

読みやすくするために登場人物を絞り込む意図はあるんだろうけど、

なぜ「有力家臣」のようにモブ化してしまうのか。変に目についてしまうのが残念。

まるで政宗や兼続が、自分の家臣の名前を覚えていない(目にも留まっていない)ように読者から見えてしまうのだ。

 

例え多少蛇足だとしても、“彼ら”がいた、その足跡を安易に消して欲しくない。

 

※著者は自身のtwitterで、省略した武将を紹介している。

 

 

 

奥羽関ケ原――政宗の謀・兼続の知・義光の勇――

奥羽関ケ原――政宗の謀・兼続の知・義光の勇――

 

 

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

 


読書感想ランキング