モーション・グリーン

ブログ開設13年目!今年も「紡ぐ」発信を目指す読書・アニメ・特撮感想ブログ。400冊読破を目指して今日も読んでます。

【幸福、感じ取れていますか?】読書感想:『齋藤孝の絶対幸福論』

齋藤孝の絶対幸福論

 

 

斎藤先生らしからぬ、現実的な幸福を得る方法が前半部分を占めており、はっきりいっておもしろくない。

(早い段階で出世しておいた方がいい、とか、出世させたいと思わせる自分を作るべし、など)

※斎藤先生本をよく読む母は、この前半で脱落してた。読書メーターの感想数も、他作品と比べると極端に少ない。

 

でも、中盤以降は、斎藤先生らしい口調が戻ってくる。

 

「直接的な幸福よりも大事なものがある」

「みんなをも幸せにすることこそ、求めるべき幸福」

などどいった、五感を意識した発想の考え方が述べられており、読んでて勇気がわいてくる。

 

結局のところ、「幸福」とは自分が感じ取れなければ、自覚できない。

つまり、感じ取れるっだけのセンサーやレーダーを設置しているかどうか、ということがポイントなのだ。

 

日々の営みの中に「幸福」は潜んでいる。

自分が感じ取れれば、規模の大小なんぞ大きな意味はないのだ。

 

その一方で、手応えや実感がないと「幸福」を実感できないのなら自分を追い込むしかない、というおなじみのストイック行動論も健在(笑)

 

自分は、何があれば(何をしたら)「幸福」なのだろうか?

改めて問い直すいい機会をくれる1冊だ。

 

齋藤孝の絶対幸福論

齋藤孝の絶対幸福論

 

 

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

 


読書感想ランキング