モーション・グリーン

2018年、目標は読書300冊読破!のはずが、ここにきて400冊に変更?!進捗は当ブログで随時更新中。他には特撮(仮面ライダー)・ドラマ・アニメの感想などなど。

【死闘と嫁取りと軍神と】読書感想:『センゴク天正記(5)』 (ヤンマガKCスペシャル)

センゴク天正記(5) (ヤングマガジンコミックス)

 

馬場美濃を初めとした、渋い方々の壮絶な死が描かれた前半

センゴク嫁取りのすったもんだが描かれた後半

 

なんだかものすごいアップダウンの1冊になっているが、常に死闘・殺し合いってなるほど、今の織田家は貧乏暇無し、ということではないはずなので、こういう話しがあるとホッとする。

 

ただ、仙石と真田の因縁の始まりや、勝頼をきちんと愛していた武田家老臣の思いなど、通説じゃ見えなかった武田家の生き様が読めるなんて、この作品は、ホント希有な存在だなあ。

 

散り際を渋く鮮やかに描くのは、無印からのこの作品の魅力だけど、山県・馬場・真田など、主立った名将がみんなカッコよすぎて、死なせるのが惜しい。。。

この作品上では、武田家は大きな失敗をしていないから、尚更もったいない、と思ってしまうんだよなあ。

 

馬場が彼方に見た、幼少の勝頼が馬で駆けるシーンは不覚にも涙が・・:

 

 

そこからのセンゴク嫁取り話は、ウ○コとか、ケツに顔書くとか、それまでの重い展開を吹き飛ばすかのようなギャグタッチの話がたくさん出てきて、なんだかほっこり。

 

おね様のお言葉は、グッと来てしまったけどさ・・・

 

 

そしていよいよ上杉謙信が登場。

なんだか顕如よりも本願寺所属に向いてる顔なんだけど(爆)

 

 

センゴク天正記(5) (ヤングマガジンコミックス)

センゴク天正記(5) (ヤングマガジンコミックス)

 
センゴク天正記(5) (ヤンマガKCスペシャル)

センゴク天正記(5) (ヤンマガKCスペシャル)

 

 

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

 


読書感想ランキング