モーション・グリーン

2018年、目標は読書300冊読破!進捗は当ブログで随時更新中。他には特撮(仮面ライダー)・ドラマ・アニメの感想などなど。

【再起の未来へ】真実の航跡 第7回(小説すばる 2018年 7月号)

小説すばる 2018年 07 月号 [雑誌]

 

 

追い込まれた鮫島に舞い込んだ、打開の知らせ。

まさか、大本である司令部の証人が見つかるとは・・・

 

遂行した方だけじゃなく、命令した方にだって、敗戦は傷を残した。

手を汚していないからこそ、ぬぐえない悲しみがある。やはり、負けるのは辛い。

 

今回は裁判シーンは少ない。

個人的には今回のように、様々な立場や身分の人が語っていく展開の方が好きだ。

鮫島がどれだけ主張しても、“負けた国”“間違っていた行為”の認識は変わらない。

 

戦争と敗戦

過去の罪と未来への責任

 

今の現代に生きる人間が忘れちゃいけない羅針盤。

 

鮫島が裁判の勝敗だけではなく、未来への航跡を見出してくれることを祈って・・・

 

さあ、いよいよ最終局面。

 

小説すばる 2018年 07 月号 [雑誌]

小説すばる 2018年 07 月号 [雑誌]

 

 

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

 


読書感想ランキング