モーション・グリーン

紆余曲折を経てブログ開設10年越え!たぶんこれからも本の感想とか特撮(仮面ライダー)とか映画とかアニメとかドラマの感想書いていきます。

【血と涙の果てにある希望】読書感想:大友二階崩れ

この物語は、暗い。

この物語は、救いがない。

この物語は、絶望が漂う。

 

でも、最後まで読めば、見えるはずだ。

蛍火のような、細くて微かな、希望の道が。

信じ続け、守り続けてきた、信念の道が。

 

だから、くじけず、最後まで読んで欲しい。

その瞬間に感じた、その震えを、いっと貴方は忘れない。

 

 

大友二階崩れ

 

 

近年の歴史小説の中でも特筆すべき救いのない作品だ(涙)

 

著者はこれがデビュー作のことだが、構成や表現が一昔前のタッチに感じられるため、最初有名作家の変名かと思ってしまった(苦笑)

 

まず題材がシュールだ。

戦国時代初期の大友家に起きた御家騒動「二階崩れ」

戦国時代ファンでも知っている人は少ないのではないか?

知っている人でも、大友義鎮が父を殺害して当主になった、ということくらいであろう。

もし、大友義鎮が、後に大友家を九州随一の大大名に飛躍させ、

キリシタン大名として、「大友宗麟」として後世に名を残さなければ注目されなかった事例であろう。

 

しかも、

この作品の主人公は、“その”大友義鎮ではなく、重臣・吉弘家というのだから、ますますシュールであり、馴染みも薄くなる。

 

さらにさらに、

実質主人公の吉弘鑑理が義鎮側では無い。

父の義鑑(つまり殺害される側)の忠臣であり、しかも当初は義鎮を廃嫡する側にまわっていたのだ。彼はそのために無二の友を誅殺する役割さえ担っている。

当然のことながら義鎮が政権を担った後、吉弘家の状況は悪化していく。

 

この物語は権力と仕える主君(御家)が二転三転する状況の中、上手く立ち回れない鑑理の不器用さとその誠実さが、度々吉弘家を取りつぶしに追い込んでいく、イライラの募る(笑)展開が続く。

 

ただでさえ有名武将がほとんど出ない、馴染みの薄い世界観。

そこに、もどかしい展開がいつまでも続く(涙)

 

途中、鑑理の弟・鑑広のおちょこちょいぶりと奥さんとの馴れ初めという、緩和剤(笑)が救いとなっていくものの、やはり悲劇はつきまとう。

 

まさに暗夜行路。

 

義なんて、

義なんて、

義なんて・・・・

 

吉弘家の、いや、読者の思いが、最後まで募り募っていくことだろう。

 

 

だが

 

どん底まで追い詰められた鑑理に、小さな道が開かれる。

細く、小さく、

でも、連綿とつながってきた、長く折れない道が。

 

冒頭でも触れたが

本書は結構読むのが辛い。

 

よくぞここまで、と思うほどいやーな展開が続く。

 

でも、それでも、最後まで読んで欲しい。

鑑理がボロボロになっても、貫き続けた想いが、報われるその瞬間を見届けるために。

 

そして、吉弘家がその命をとして守り続けてきたその生き様が、

目に見えない力となって、家を守り続けてきたことを。

そしてそして、ちゃんと、それを見てきた人々がいたことを。

 

主君・大友家はこのあと、九州三強筆頭に数えられる大大名に成長するが、

やがて没落し、地上から姿を消す。

 

対して、吉弘家は、この後も主君のために戦い続け、多くの犠牲を出していくが、

その生き様はきちんと受け継がれていく。

 

特に鑑理の次男・鎮理は、

没落していく大友家の中で、島津家の大軍に囲まれても降伏せず、玉砕することでその生き様を示した。

 

後の高橋鎮種(紹運)と言えば、思い出す方もいるだろうか?

 

そして、鎮理(高橋鎮種(紹運))の息子は、

父と養父の思いを背負い、“西国無双”の名の下に、戦国時代を、江戸時代を生き抜いていく。

 

もう、戦国時代ファンならおわかりだろう。

立花宗茂

 

この物語上ではまだ見ぬ名将は、この血と涙のつながりの中で生まれたのだ。

 

 

もし、この本に興味を持っていただけたなら、手にとって欲しい。

そして、最後まで読み切って欲しい。

 

震えが、熱い想いが待っているはずだ。

予測できてしまう展開が、ドラマより酷い悲劇が待ち構えているが、それすら報われる(と思わせる)ラストが待っている。

 

 

そして、きっと、続編があるはずだ。

この報われない時代が、ムダじゃ無かった、と思わせて欲しい。

 

 

大友二階崩れ

大友二階崩れ

 
大友二階崩れ

大友二階崩れ

 

 

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

 


読書感想ランキング