モーション・グリーン

ブログ開設13年目!今年も「紡ぐ」発信を目指す読書・アニメ・特撮感想ブログ。400冊読破を目指して今日も読んでます。

【生死の決断】読書感想:『センゴク天正記(8)』 (ヤングマガジンKC)

 

 

センゴク天正記(8) (ヤングマガジンKC)

 

苦しいときこそ、前へ!

 

戦略は織田が上

でも、

戦術なら軍神・上杉謙信が上

 

という状況で始まった手取川の戦い。

 

結局、織田のもくろみは崩れ、謙信の思惑通りに動かされた織田軍は、上杉の猛攻と川の増水に阻まれ、絶対絶命の危機に。

 

通説で言われているほど、勝家と秀吉の対立が個人的感情じゃないのが新鮮ではあるものの、陰で上手く立ち回ろうとする秀吉が、勝家からすると不快に見えるのも、理解できる気がする・・・

この前シリーズで、初期の頃から登場している勝家なだけに、読者としては親近感あるだけ好感度は下がらず(笑)

 

とはいえ、その時その時の状況と雰囲気で、臨機応変の対応をする秀吉が結果として、今回の殊勲賞かも。

 

 

でも、鍵を握るのは我らがセンゴク。

織田理念を文字通り体現してきた漢が、前に出る。

 

勝家を救い、織田軍団が連携行動をしていく様は爽快だったなあ。

 

 

それにしても

謙信が権化すぎて、敵に廻して全く勝てる気がしない。

そして気まぐれみたいな行動取りすぎて、仕える家臣大変だ(苦笑)

 

 

センゴク天正記(8) (ヤングマガジンコミックス)

センゴク天正記(8) (ヤングマガジンコミックス)

 
センゴク天正記(8) (ヤングマガジンKC)

センゴク天正記(8) (ヤングマガジンKC)

 

 

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

 


読書感想ランキング