モーション・グリーン

ブログ開設13年目!今年も「紡ぐ」発信を目指す読書・アニメ・特撮感想ブログ。400冊読破を目指して今日も読んでます。

【殿の飛矢が届くぞ】読書感想:『キングダム 12 (ヤングジャンプコミックス) 』

 

キングダム 12 (ヤングジャンプコミックス)

 

 

飛信隊誕生の十二巻。

 

趙と秦との戦いは、前回の戦い以上に大規模で重要な戦いへ。

 

王騎のおかげで一気にタクティカル要素が全面に押し出され、一個人・一部隊の攻防から一気に視点や目線が拡がってきた!

 

そして、王騎が描き出す対趙戦の重要戦略が「要注意武将を討ち取れ」だとは・・・

もうやり方は違うとはいえ暗殺とほとんど変わらない(笑)

 

確かに、最後はハートランド戦略。

ハート(心臓)狙い撃ちが有効なのは、古今の合戦の共通項目だ。

 

 

小規模だからこそできる奇襲作戦

信のもとに集ったメンバーが予想以上に技能や特徴を備えていて、一気に親近感が沸いてくる。

 

飛信隊だけではなく、王騎軍の現場将校のその場その場対応力の見事さも光っていた。

大きな方向を示し、後は現場を信じる。

まさに組織の理想図だなあ。

 

そして、苦難の末"飛矢"となった信。

 

あの見開きシーンを見るためだけに買う価値のある1冊だ。

 

キングダム 12 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

キングダム 12 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

 
キングダム 12 (ヤングジャンプコミックス)

キングダム 12 (ヤングジャンプコミックス)

 

 

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

 


読書感想ランキング