モーション・グリーン

ブログ開設13年目!今年も「紡ぐ」発信を目指す読書・アニメ・特撮感想ブログ。400冊読破を目指して今日も読んでます。

【一時の判断が生んだ、生涯の後悔】読書感想:『池田屋乱刃』 (講談社文庫)

 

池田屋乱刃 (講談社文庫)

 

 

文庫版再読。

 

最新の研究を基にして、通説で言われている池田屋事件を覆した作品。

改めて読むと、伊東さんが、この研究成果と、幕末の通説を問い直そうとした、その意気込みが、構成と短編一つ一つから伝わってくる。

 

幕末は、今様々な角度で見直されている。

これまでの明治政府(薩長)勝者一辺倒の論調は影を潜め、存在する史料を忠実に読み解いたり、これまで注目されてこなかった論点を掘り下げたり。

 

池田屋事件は、まさにその筆頭であり、その渦中にある。

 

池田屋事件とは何だったのか?

本書が切り開いた新たな視点。そこから見える新たな光景を、是非見に来て欲しい。

この事件が、この先の日本に与えた影響は、決して小さくない。

 

少なくても、(後世で色づけされた)桂にとってみれば、人生を変えた事件だった。

 

一時の判断=生き延びる、という決断が、彼の人生を変えた。

維新三傑と後世に称された桂(木戸)は、逃げたのではなく避けた、とすり替えられ、英雄になった。

多くの同士を見捨てた(?)という事実をうやむやにして・・・

 

明治になってからの桂は精彩を欠いた。

同じ英傑・大久保と西郷が大きな足跡を残したことを思うと、どことなく不均衡だ。

 

本書を読むと、その理由が垣間見え、頷けてしまう。

 

本書のラストのような後悔を持って、桂は生き続けたのかどうか・・・

そこは想像に任せるしかないなあ。

 

 

 

 

池田屋乱刃 (講談社文庫)

池田屋乱刃 (講談社文庫)

 
池田屋乱刃 (講談社文庫)

池田屋乱刃 (講談社文庫)

 

 

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

 


読書感想ランキング