モーション・グリーン

2018年、目標は読書300冊読破!進捗は当ブログで随時更新中。他には特撮(仮面ライダー)・ドラマ・アニメの感想などなど。

【若き英雄たちの演武】チンギス紀 第十六回(小説すばる 2018年 8月号 [雑誌])

小説すばる2018年8月号

 

テムジンとジャムカがついに共同戦線!

VSトクトア戦 開幕。

 

今号はほぼこの2人視点で物語が進行。トクトア戦の後日談もきっちり描かれていて、少年漫画みたいにどシンプルな構成(爆)

 

今のところ息はピッタリの2人。

しかもお互いの戦術も理解しつつ、どこか様子も見ているという配慮もしつつ・・・

 

ただ、この2人を妙に結びつけているのが玄翁というのが、なんともきな臭い。

(ジャムカに至ってはほぼ弟子入り状態で滞在していた。まあ、この情報と経験は今回シェアしていたけど)

もともとジャムカは黒づくめの部隊もっているたけに、このまま玄翁隊っぽい戦い方になっていきそうな雰囲気がある。そうなると目指すところが変わってくるもんなあ。

 

この連合はどこまで続くのかそれがかえって怖くなってきた(苦笑)

 

 

そしてテムジンたちは懐かしの再会があり、ジャムカは嫁取り、とアゲアゲな出来事が多かった。

 

そしてそんな中でも、出て来る話題がやっぱり玄翁(苦笑))

いつぞやのジェルメの要請、ずっと玄翁は請けたと思っていたけど、保留(拒絶)状態だったのか。道理で何にも動きが無かったわけだ。

そういえば、ここのところ、テムジンの“狂”感情もそれほどわき出てはいない。もはや彼の本能呼び覚ますのは玄翁しかいそうにない。

 

こりゃテムジンと玄翁の再対決あるなあ。死闘になりそう。

 

小説すばる2018年8月号

小説すばる2018年8月号

 

 

 

チンギス紀 二 鳴動

チンギス紀 二 鳴動

 

 

チンギス紀 一 火眼

チンギス紀 一 火眼

 

 

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

 


読書感想ランキング