モーション・グリーン

2018年、目標は読書300冊読破!のはずが、ここにきて400冊に変更?!進捗は当ブログで随時更新中。他には特撮(仮面ライダー)・ドラマ・アニメの感想などなど。

『アルドノア・ゼロ』EP22: 邂逅と訣別 —Out of the Past—感想

アルドノア・ゼロ 10【完全生産限定版】 [Blu-ray]

 

本当の最終決戦がはじまった。

 

あまりにもスレイン・ネムリナなど、ヴァース帝国側の登場人物目線で見てきたため、忘れていたけど、ヴァース帝国最高権力は、皇帝だったな。

(第1クールで登場したっきり)

 

アセイラム姫の逆転の一手は、もはやそこしかない。

 

スレインたちに、声は届かない

そうでなくても地球側からは暗殺集団がきていて逃げ延びるしかない。

デューカリオンにいければ、なんて視聴者の声が聞こえそうだが、ラストを見た限り、そういう展開には行かない気がする。

 

クランカインがこの終盤で登場し、その存在感が大きい意味はそこにある。

 

そして、アセイラム姫。スレイン、伊奈帆 3人の想いは思わぬ形で交錯した。

姫から伊奈帆へ“告白”はあったものの、本人聞こえてないからノーカウントみたいなもの(涙)

2人がむずばれる展開期待した人にとって、物足りない再会だっただろうなあ。

 

ぼくは、容赦ないとは思いつつ、けどこれはこれで徹底した脚本だと脱帽した。

おそらく、アセイラム姫がどちらかと結ばれるエンドは、もうないのだ。

今回のシーンはそれを象徴するかのようだった。

 

伊奈帆の死亡フラグにもみえるけど(涙)

 

 

アルドノア・ゼロ オリジナル・サウンドトラック

アルドノア・ゼロ オリジナル・サウンドトラック

 
アルドノア・ゼロ TVアニメ公式ガイドブック (2) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)

アルドノア・ゼロ TVアニメ公式ガイドブック (2) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)

 

 

 

 

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

 


アニメランキング