モーション・グリーン

2018年、目標は読書300冊読破!のはずが、ここにきて400冊に変更?!進捗は当ブログで随時更新中。他には特撮(仮面ライダー)・ドラマ・アニメの感想などなど。

【言われる側は大変だ】読書感想:『世田谷代官が見た幕末の江戸 日記が語るもう一つの維新』( 角川SSC新書)

世田谷代官が見た幕末の江戸 日記が語るもう一つの維新 (角川SSC新書)

 

世田谷が井伊家の飛び地

飛び地が江戸の食料・軍事基地、

 

などなど、知らなかったことが次々と飛び出してきた。

代官・大場家の苦労が忍ばれる内容が書かれており、いつの世も言われる側は大変だ(涙)

 

この手の本読むと、つくづく、記録って大切だ、と実感する。

本人からすればただただ毎日のことを記録しただけ(大場男性陣は役目だったけれど)

でもこの記録が、井伊直弼暗殺から明治までの混乱した世情を映した。

跡取り不在の大場家の駆け引きを後世に残した。

そして

無理難題を請けながらも、みんなの顔をたてて、どうにかこうにかやりくりできたのは地道なお役目の長い時を重ねた積み重ねのおかげだということを教えてくれた。

 

混迷の世の中を生き残るために必要なこと。

それは、日々を精一杯生きる事。

 

淡々と進む文章で、派手さはないけれど、学ぶべき事がたくさんある1冊だ。

 

 

世田谷代官が見た幕末の江戸 日記が語るもう一つの維新 (角川SSC新書)

世田谷代官が見た幕末の江戸 日記が語るもう一つの維新 (角川SSC新書)

 
世田谷代官が見た幕末の江戸 日記が語るもう一つの維新 角川SSC新書

世田谷代官が見た幕末の江戸 日記が語るもう一つの維新 角川SSC新書

 

 

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

 


読書感想ランキング