モーション・グリーン

2018年、目標は読書300冊読破!のはずが、ここにきて400冊に変更?!進捗は当ブログで随時更新中。他には特撮(仮面ライダー)・ドラマ・アニメの感想などなど。

【戦国時代ファンなら知っておくべき】読書感想:戦国北条記 (PHP文芸文庫)

 

戦国北条記 (PHP文芸文庫)

 

『伊東潤の読書会』が近いこともあって、改めて読んでみる後北条家の歴史。

 

武田家や上杉家と比べると、どうしても目立たない大名。

一方で、司馬遼太郎以来、研究が進んで通説が覆った、いまアツい大名。

 

争乱が続く東海~関東において、後北条家はいかにして生まれ、一介の武将に過ぎなかった北条早雲(伊勢新九郎)はなぜ、この地で飛躍できたのか。

 

そして何より、なぜこの家は長続きしたのか。

 

後北条家に関して多くの小説を書き、新書にて後北条家を研究してきた伊東さんが、その経緯まで詳しく書かれている。

実は後北条家五代全てを網羅している本は意外と少ないので、結構貴重な1冊なのだ。

 

中身は伊東節炸裂なので、伊東潤作品が好きな方は、買って損無し。

 

歴史は縦(過去と未来)と横(同時期の他の地方の動き)がわかるともっとおもしろくなる。

武田と上杉のことを知りたければ、後北条のことを知らなきゃいけない。

後北条のことを知って、初めて戦国時代の本質が見えてくる。

 

戦国時代ファンは読んで知っておきたい内容が満載だ。

 

 

戦国北条記 (PHP文芸文庫)

戦国北条記 (PHP文芸文庫)

 

 

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

 


読書感想ランキング