モーション・グリーン

2018年、目標は読書300冊読破!のはずが、ここにきて400冊に変更?!進捗は当ブログで随時更新中。他には特撮(仮面ライダー)・ドラマ・アニメの感想などなど。

【ネタだけど本質、シャレにならないけど真相?】読書感想:テレビじゃ言えない (小学館新書)

テレビじゃ言えない (小学館新書)

 

タイトル通り。

 

それ、言えない(爆)

 

持ち上げてはいない。

本当に、それは言えない、な話が満載。

 

まあ、最後の方は、自分から言えないことばっかり寄せている始末(苦笑)

 

 

でも、

話しをきちんと読んでいくと、本質突いていることが多いのは、さすがビートたけし。

たけしも、たけしが紹介されているすごい人たちも、(いわゆる)昭和のノリで、古くさいなあ、と思うところがたくさんある一方で、今じゃ敬遠される、泥臭い道を歩んできたことを知る。

 

改めて思う。

楽な道を進んでも、それ相応の結果しか出てこない。

 

「寝首をかくつもり」

「極度の負けず嫌い」

 

僕らが仰ぎ見た?巨匠は、エネルギーを出し尽くす日々を送っていたんだろうなあ。

 

まあ、さすがにたけしが提唱するような生き方(過ごし方)は薦められないけど、それだけのエネルギーがあれば、目の前の風景、変わるに違いない。

 

己の行く先をもう一度考えたいときに、読んで欲しい。

案外、今悩んでいること、笑ってしまえば、スッキリするかも・・・

 

 

テレビじゃ言えない (小学館新書)

テレビじゃ言えない (小学館新書)

 
テレビじゃ言えない(小学館新書)

テレビじゃ言えない(小学館新書)

 

 

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

 


読書感想ランキング