モーション・グリーン

ブログ開設13年目!今年も「紡ぐ」発信を目指す読書・アニメ・特撮感想ブログ。400冊読破を目指して今日も読んでます。

【脳の力を引き出すためにやめるべきこと】読書感想:『脳に悪い7つの習慣』 (幻冬舎新書 は 5-1)

 

脳に悪い7つの習慣 (幻冬舎新書 は 5-1)

 

 

 

脳の動きや働きを研究し、人間の行動に役立てる動きは、広く認知されるようになってきた。

その第一人者としては茂木さんが著名だが、本書の林先生も、近年の御自身の研究がスポーツ選手の能力向上につながったと話題になった。

 

これまでブラックボックス化していた脳の仕組みが、どんどん明らかになってくる。

そして、脳の仕組みや傾向を知れば、僕たちが従ってきた“気分”や“気持ち”が、脳の働きを妨げているかも?ということが見えてくる。

 

脳を外部機関の如く扱う論調は未だに違和感があるが(苦笑)

扱いづらく、(そうはいっても)未だに謎が多いのが脳。

 

本書では脳に悪い習慣を紹介すると共に、既にスポーツ選手も実践しているという、悪い習慣の脱し方も合わせて紹介。

 

読んでみると、意識しないと意外にやってしまっていることが多いことに驚き。

何気なく感じていることが、実は脳の働きの自然な動きだったり、逆に阻害していたり・・・

 

脳の働きは少しずつ活性化させることができるし、積み重なれば実感することが出来ると言われている。

 

巻末にはチェックシートが付いているので、活用して変化を記録しておくのも有効な手法の一つ。

自分を高めるためにも実践したい要素が入っている1冊だ。

 

 

 

脳に悪い7つの習慣

脳に悪い7つの習慣

 
脳に悪い7つの習慣 (幻冬舎新書 は 5-1)

脳に悪い7つの習慣 (幻冬舎新書 は 5-1)

 

 

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

 


読書感想ランキング