モーション・グリーン

2018年、目標は読書300冊読破!のはずが、ここにきて400冊に変更?!進捗は当ブログで随時更新中。他には特撮(仮面ライダー)・ドラマ・アニメの感想などなど。

【その目に見えた、価値と勝ち】読書感想:『かちがらす: 幕末を読みきった男』

 

かちがらす: 幕末を読みきった男

 

薩長土肥

 

幕末の雄藩を指す言葉。

その中で末尾に名前が載りながら、その実力は四藩の中で最も高い水準を秘めておきながら、表に出てこなかった藩・肥前佐賀。

 

当時、日本で最も進んだ国でありながら、変革の先導を歩まなかったのはなぜか。

その佐賀藩の藩主・鍋島直正を通じて、その答えが本書に描かれている。

佐賀新聞で連載され、県民から絶大な人気を誇った小説が単行本化。

読まないわけにはいかない。

 

 

佐賀の歴史を語るため、本作は難しい決断を直正が、彼を支えた人々との印象的なエピソードを通じて行っていく方式を採用している。つまり人が軸になっているのだ。

つまり、幕末の佐賀藩の行動の理由を、人々のエピソードの中に凝縮されている。そのため、事実や真相を読むのではなく、“推し量れる”構図になっている。物語として進んでいく展開についていけばいいので、歴史という難しさを感じづらくなっている。

非常にわかりやすい内容だ。

 

だから直正は、メンツや形ではなく、その価値に目を向け続ける。

そして、本当のあるべき姿のために、勝ちすら得ようとしない。

 

それは、大事なものが何か、大事な人たちから教えてもらったから。

 

 

 

直正は、藩主就任から様々な苦難に直面していく。

 

ままならない藩政運営

上手くいかない技術革新

理解してもらえない自身の政治理念

 

そして、届かない想い

 

直正は藩の財政を立て直し、西洋の技術を取り入れて、日本を異国から守ろうとするが、「葉隠れ」理念や「化け猫」騒動にはじまる、佐賀の気質がそれを阻む。

 

死んでも構わない。

死ぬことこそ武士の本懐。

 

死に向かって奔っていく藩士を、直正は止めることが出来ない。

そして、理知的で機転がきく者ほど、自分の手を離れて帰ってこない。

 

佐賀が生んだ中世の精神を、直正はいかにして変えていくのか。

 

 

 

実は、この作品の最大の素晴らしさは

「葉隠れ」にはじまる佐賀気質に対して、直正を通じて「ノー」と言わせ、佐賀を変えるために、心のありように立ち向かう直正の姿を描いたことだ。

 

そして、佐賀県民を勇気づけたのは

功績より結果より、こういう県民に根付く思いから目を背けずに描き、藩主自ら新しいありように向かって、心体共に進んでいく姿を文章にしたことだと思う。

 

県外の方も、本書を手に取ったら、是非上記の箇所を読んで欲しい。

改革や改善は、形に見えるところではなく、見えないところにも目を届かせなきゃいけないことを、直正は教えてくれる。

 

 

 

そして驚きだったのはラスト。

ここまでの展開からすると、えっ!とする決断と、結構挑戦的な構成で締めくくられる。

藩主として、一人の人間として佐賀から、佐賀と日本のありように目を向け続けた直正が、最期の最期で、人間としての決断をするシーンは、正誤あるにしろ、グッとくるシーンだ。

 

ただ、残念なのは、佐賀がいかにして財政豊かな国になったか、なぜ佐賀が技術大国となったのか、その途中があまり描かれていないこと。

連載作品だったことを思えばやむなしではあるものの、ビジネス要素満載の題材なだけに、もったいないところではある。

 

 

かちがらす: 幕末を読みきった男

かちがらす: 幕末を読みきった男

 

 

 

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

 


読書感想ランキング