モーション・グリーン

2018年、目標は読書300冊読破!のはずが、ここにきて400冊に変更?!進捗は当ブログで随時更新中。他には特撮(仮面ライダー)・ドラマ・アニメの感想などなど。

【本筋より、仏教史コーナーの方が価値高い】読書感想:『異端力――規格外の人物が時代をひらく』(祥伝社新書283)

異端力――規格外の人物が時代をひらく(祥伝社新書283)

 

 

啓発本の位置づけかもしれないが、この本最大の特徴は日本仏教史。

 

解釈には是非あるかもしれないが、仏教の変遷とキーマンの解説として、これほどコンパクトにまとまっている本はあまりない。

 

仏教史・宗教史は日本人の特色もあって、あまり深める機会が無いかもしれないが、この1冊読めば大枠は理解できると思う。

比較的苦手分野の方も多いと思う。ここだけでも一読の価値はある。

 

本筋の啓発要素は、うーん、って感じ(苦笑)

啓発要素求めるなら、死ぬこと以外かすり傷の方が断然オススメ。

 

異端力――規格外の人物が時代をひらく(祥伝社新書283)

異端力――規格外の人物が時代をひらく(祥伝社新書283)

 

 

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

 


読書感想ランキング