モーション・グリーン

2018年、目標は読書300冊読破!のはずが、ここにきて400冊に変更?!進捗は当ブログで随時更新中。他には特撮(仮面ライダー)・ドラマ・アニメの感想などなど。

【たまにはこんな1冊も】読書感想:タイムスリップ信長vs三国志 (講談社ノベルス)

 

タイムスリップ信長vs三国志 (講談社ノベルス)

 

 

ふと、仮面ライダージオウを思い起こしたよ(笑)

それだけ、歴史を変えたらどうなるか、という展開において、想起させる要素が多かったからかな。

 

信長が三国志の時代に行き

しかも孫権になって

魏の曹操や、劉備になりすました未来人と闘う、というぶっ飛び作品。

 

なんでここにいるの?みたいな人物のご都合設定や、そんな簡単に死なないだろ、という終わらせ方、やっぱりお前は一緒だな孔明(爆)というようなところはあり、例え完全フィクションデあろうと賛否両論かな(苦笑)

 

ただ、三国志の歴史を追体験することで、信長が変わっていく様は読んでいておもしろかった。

また、信長という人物は、技術や経済力ありきじゃなく要素や洞察によって成り立っていることが示されるなど、しっかりした分析されてるのも大きい。

信長を巻き込んだうららの発想も、物語に華を添えていたなあ。

 

ちなみに本作、設定説明シーンがやたらと長く、相当にご都合モノだ(爆)

ここで読書脱落組が出そうな予感はあるが、そこさえ乗り切れば、スイスイ読めるので、そこで挫折しないのがポイントか(笑)

 

 

タイムスリップ信長vs三国志 (講談社ノベルス)

タイムスリップ信長vs三国志 (講談社ノベルス)

 
タイムスリップ信長vs三国志 (講談社ノベルス)

タイムスリップ信長vs三国志 (講談社ノベルス)

 

 

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

 


読書感想ランキング