モーション・グリーン

ブログ開設13年目!今年も「紡ぐ」発信を目指す読書・アニメ・特撮感想ブログ。400冊読破を目指して今日も読んでます。

〈1からPCDA〉読書感想:『図解 鬼速PDCA』

 

 

図解 鬼速PDCA

 

 

もはやおなじみとなったPCDA。

 

正直、あまり好きなシステムではないのだけど、可視化するには有効なのはよくわかる。

端から見れば、他者が何をどこまで、どのように行っているのか、実はよくわからないのが実態だから。

 

PCDAについては様々な本が出ているけれど、その中でもわかりやすく、そして文章が熱い(笑)鬼速版が、図例をたくさん収録して新発売。

PCDAはとにかく図をたくさん見て、体に慣れさせる必要があるので図解がたくさんある本書は重宝するだろう。

 

まあ、ここまでやるとPDCAを作ることが目的になりそう(それがイヤ)

 

自分のことは、案外人には伝わらないもの。

職場でもプライベートでも、人に理解してもらい、一緒に進めていけた方が生産性は上がる。

今自分がどの位置にいるのかを認知するために、体に染みこませたいエッセンスだ。

図解 鬼速PDCA

図解 鬼速PDCA

  • 作者: 冨田和成
  • 出版社/メーカー: クロスメディア・パブリッシング(インプレス)
  • 発売日: 2018/06/29
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る
 
図解 鬼速PDCA

図解 鬼速PDCA

  • 作者: 冨田和成
  • 出版社/メーカー: クロスメディア・パブリッシング(インプレス)
  • 発売日: 2018/06/29
  • メディア: Kindle版
  • この商品を含むブログを見る
 

 

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

 


読書感想ランキング