モーション・グリーン

ブログ開設13年目!今年も「紡ぐ」発信を目指す読書・アニメ・特撮感想ブログ。400冊読破を目指して今日も読んでます。

〈僕たちはなぜ満たされないのか?〉読書感想:『新釈 猫の妙術: 武道哲学が教える「人生の達人」への道』

 

 

新釈 猫の妙術: 武道哲学が教える「人生の達人」への道

 

 

最近、バガボンドを思い出す。

 

どれだけ戦っても強くなっても満たされない。

いや、むしろ、突きつけられる、自分という変えられない壁。

 

「天下無双とは、ただの言葉」

「力を抜いて、体の声に身を任せよ」

「自分につきまとうのは、どこまで行っても、自分、自分」

 

休載に入って久しいが、今になって、武蔵が感じたことが理解できるようになってきた気がする。

 

そして、あのとき感じた「人生への問い」はまだ答えが出ていない。

 

もし、強さがいつまでもわからないなら、良さなんてそもそもないのなら。

自分は何を道しるべにして、生きていけばいいのだろうか。

 

武蔵すら悩んでいた。あそこまで修練していたのに。

自分は、どうだ。

 

まもなく平成が終わろうとしている。

働き方も、生き方もいろんな道が提示されるようになってきた。

でも、選ぶことも進むことも出来ていない。

 

どこか日々に満足できないなら

まだ見ぬ不安が胸をよぎるなら

今やこの先の自分に自信が持てないなら

 

本書は迷わず読むべき1冊だ。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

猫と会話できる奇妙なスキルを持つ主人公・勝軒が、部屋に居座るネズミを追い出そうとするお話し。

 

彼は様々な猫と共に依頼する。

 

・技に秀でた猫

・武に秀でた猫

・気の逸らし方に秀でた猫

 

だが、それぞれ様々なスキルを持つ猫たちはことごとく失敗する。

 

窮した彼と猫たちは、「武神」と噂の古猫に強力を依頼する。

一件弱そうな古猫だったが、いともあっさりネズミを追い出すことに成功。

 

驚いた一堂は古猫に教えを請う。

聞かれた古猫は告げた。

 

「おぬし達は本当の道理を知らない」

 

果たして「本当の道理」とは?

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

原典は江戸時代に書かれたものだが、僕たちの勘違いをこの本を通じて気付かせてくれるはずだ。

 

なぜ僕らは満たされないのか。

なぜ僕らは人生の主導権を握れないのか。

 

※ちなみに難しい単語や禅問答のような話があるので、理解しづらいところもあるだろうけど、本著はもっと難しい(苦笑)

 

読み終わった後、少し目線が上がったような気がする。

 

そう、1日1日が満たされるためにすることは、目の前の景色を決めつけないこと。

もし目の前の景色や風景がキレイではないと思ったのなら、それは、あなたの心がキレイじゃないからだ。

 

新釈 猫の妙術: 武道哲学が教える「人生の達人」への道

新釈 猫の妙術: 武道哲学が教える「人生の達人」への道

 
新釈 猫の妙術 武道哲学が教える「人生の達人」への道

新釈 猫の妙術 武道哲学が教える「人生の達人」への道

 

 

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

 


読書感想ランキング