モーション・グリーン

ブログ開設13年目!今年も「紡ぐ」発信を目指す読書・アニメ・特撮感想ブログ。400冊読破を目指して今日も読んでます。

『チンギス紀』単行本第四巻 3/26発売!

チンギス紀 四 遠雷

 

 

現時点ではカバー公開されていないけど・・・

 

さて、第四巻。

玄翁のことも気になるのだが、今巻は今までと少し趣が変わる。

 

(玄翁に負けているとはいえ)ここまでの戦果によりテムジンの領土は飛躍的に拡大。

同じ民族内の戦いから、外の民族との戦いへと舞台は移っていく。

イメージとしては、国同士の戦いに近いスケールになる。

 

北方大水滸伝では国同士の戦いが大きなポイントになっていたが、本作もようやくそのステージにきた、ということになるのだろう。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

外の民族であるメルキト族に対抗するため、テムジン・ジャムカ・そしてトオリル・カンが手を結ぶ。

若き英傑を加えた連合軍が、メルキト族・トクトアと激突。

テムジンとジャムカの活躍により、連合軍は戦いを優位に進めるが、トオリル・カンの判断が戦いを予想だにしない結末へと導いてしまうことに・・・

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ちなみに第四巻収録に該当する(と予想される)連載感想は以下の通り

 

www.motiongreen.net

 

www.motiongreen.net

 

 

www.motiongreen.net

 

 

www.motiongreen.net

 

 

www.motiongreen.net

 

 

こう見ると、メルキト族との戦いは前半部分か。

後半は、テムジンの国作りの躍進と、周辺勢力の変化、そして玄翁との決戦前夜が描かれる。

 

チンギス紀 第四巻は3/26に発売!

 

チンギス紀 四 遠雷

チンギス紀 四 遠雷

 

 

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

 


読書感想ランキング