モーション・グリーン

ブログ開設13年目!今年も「紡ぐ」発信を目指す読書・アニメ・特撮感想ブログ。400冊読破を目指して今日も読んでます。

〈いったいどうして、こうなってしまったのか?!〉読書感想:『なぜ日本人は学ばなくなったのか』 (講談社現代新書 1943)

 

なぜ日本人は学ばなくなったのか (講談社現代新書 1943)

 

 

 

日本人は勤勉だ。

 

というのが外国人からみた日本人の印象、とよく言われていた。

それが変わるかもしれない(既に変わっている?)

 

斎藤先生にしては珍しく、日本人の良くないところをこれでもか、と挙げ、日本人の総合的なレベルダウンに警鐘を鳴らしている1冊。

 

特に国際化の波に日本人が適応しておらず、取り残される危険を熱い口調で語る項では、目の前に先生が現れたかのようなエネルギーを感じた。

 

が、過去の文化と今の日本人の気質を対比させるあたりから、段々エスカレートしてきて、少しずつ読みづらく受け入れがたくなってくる。

(致し方ない部分ではあるが)本を読まなくなったことを元凶の一つとするのは、さすがにやりすぎかな。

(ガンダムの項は面白かったけど)

 

“学ばなくなった”日本人だって、何かを掴もうとしている。

向かうべきゴールや目標とすべき指標がないからこそ、あがき方を知らないからこその、産みの苦しみではないか。

 

学んで欲しい、ではなく、なぜ“学ばなくなった”のか(そう見えてしまうのか)

もう少し迫った見識が欲しかったところ。

 

 

なぜ日本人は学ばなくなったのか (講談社現代新書 1943)

なぜ日本人は学ばなくなったのか (講談社現代新書 1943)

 
なぜ日本人は学ばなくなったのか (講談社現代新書)

なぜ日本人は学ばなくなったのか (講談社現代新書)

 

 

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

 


読書感想ランキング