モーション・グリーン

ブログ開設13年目!今年も「紡ぐ」発信を目指す読書・アニメ・特撮感想ブログ。400冊読破を目指して今日も読んでます。

〈慣れないこと、それは感動だ〉読書感想:『完全版 社会人大学人見知り学部 卒業見込』 (角川文庫)

完全版 社会人大学人見知り学部 卒業見込 (角川文庫)

 

 

お笑いコンビ・オードリーの若林のエッセイ集。

タイトルには「人見知り」とあるが、どちらかというと我欲(といっても小心からくる自己顕示に近いけど)の方が正しいかも。

 

まるでヒットしなかった下積み時代から、近況、相方の話などなど。

こんな内面(変すぎる)こだわりもってる人間いるんだなあ、と最初はヒキながら(笑)読んだ。

だが、次第に風向きが変わる。

 

ネガティブな内面は自己顕示の裏返し。

趣味がないのは、俯瞰から見てしまっているから。

 

などなど、「わかるーーーー」なエピソードが続いていく。

 

一番好きなのは

 

自分に自信がつくと一人で生活ができる。一人で生活ができるようになってやっと人と付き合える。

 

という悟り。

巷で言われている「自信を持とう」というエールよりはるかに胸に刺さる。

 

人は、その人の見た目を見て、その人のことを判断している(見た目は九割というし)。

でも、見た目を通して、その人の“自信”を見ている。

相方の春日を通じて得られたこの気づき、大きいなあ。

 

やったことがない(やろうと思わなかった)コトの中に、自分にとっての気づきがある。

難しい方を選ぼう、と自己啓発本に書かれていることって、こういうことなのかも。

 

エッセイは終盤で自分自身を振り返っていく。

自分がどう変わっていったのか、セリフツッコミだらけの振り返りは結構面白かった。

どうでもいいこだわりの中に真理があって、自己分析があって、段々自分という存在の定義が文章の中に言葉として現れてくる。

エッセイって、変化が見えるからおもしろい。

 

若林のように、拠り所が欲しかった人は、この時代たくさんいたのかもしれない。

昭和から平成において存在していた社会成功ルートは骸化され、生き方が選べるけど、報われるかどうかまで誰も約束してくれない。そんな風潮が今になって、活性化しない社会として具現化し始めている。

 

お笑い芸人の(一昔前までは共感できた)成功物語は、今やストーリー化され、消費財になっている気がする。

若林は産みの苦しみを味わった一人なのかもしれない。

 

さて、令和はどうなるんだろうなあ。

 

完全版 社会人大学人見知り学部 卒業見込 (角川文庫)

完全版 社会人大学人見知り学部 卒業見込 (角川文庫)

 

 

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

 


読書感想ランキング