モーション・グリーン

ブログ開設13年目!今年も「紡ぐ」発信を目指す読書・アニメ・特撮感想ブログ。400冊読破を目指して今日も読んでます。

〈今もゆれ動き続ける関係〉読書感想:『同時にわかる! 日本・中国・朝鮮の歴史』 (PHP文庫)

同時にわかる!  日本・中国・朝鮮の歴史 (PHP文庫)

 

 

日本の歴史は、中国と朝鮮との関係から積み上げられてきたもの。

 

とある本に書かれてあった文言だが、重要な視点だ。

 

どうしても日本史だと日本の歴史のみに目が行きがちだが、古代より中国を見習い、中国を真似てきたのが、日本の歩んできた道。

そこを知らずに、日本史の理解は進まない。

無論、中国や朝鮮の歴史に関しても同様だ。

 

『キングダム』の人気などで、古代中国への関心が高まっている今だからこそ、歴史上の“横の繋がり”をおさえておきたいと思い、引っ張り出してきたのがこの1冊。

同時にわかる!  日本・中国・朝鮮の歴史 (PHP文庫)

 

日本はともかく、中国と朝鮮の歴史は結構勉強になった。

やはり、古代の朝鮮は知らないことが多かったなあ。

 

本自体は一テーマ見開きの完結型なので読みやすく、ときたま入ってくるドラマや映画の紹介は意外と記憶に残る(笑)

 

中国の影響をかなり受けている朝鮮というイメージだったが、(ほとんどその通りではあるものの)独自色をしっかり持っていて、随所随所で自国文化を育ててきていることがよくわかった。

深掘りしていくとおもしろそうだ。

 

現在は国家間で必ずしも上手くいっていると言えない関係。

せめて歴史だけは偏見無く理解しておきたいなあ(それが難しいのだけど)

 

同時にわかる!  日本・中国・朝鮮の歴史 (PHP文庫)

同時にわかる! 日本・中国・朝鮮の歴史 (PHP文庫)

 

 

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

 


読書感想ランキング