モーション・グリーン

ブログ開設13年目!今年も「紡ぐ」発信を目指す読書・アニメ・特撮感想ブログ。400冊読破を目指して今日も読んでます。

〈俺の命は、ここまででよい〉読書感想:『決戦!設楽原 武田軍vs.織田・徳川軍』

 

決戦!設楽原 武田軍vs.織田・徳川軍

 

 

決戦シリーズ最新作は、新進気鋭の著者が一堂に介し、題材が設楽原(長篠)の戦い!

これ、賤ヶ岳以上に被りそうだな、被ったら完成度の差が・・・と思っていたのだけど、みなさまそれぞれの世界観で真正面から被りにきていて驚く(笑)

だからといってつなげて読んでも、全くといっていいほどくどくはない。

滅びの美学あり、勝者の苦悩あり、とどれも読み応え抜群だ。

 

そういえば、信長や秀吉、光秀書いた人いなかったな。時代ですかね(苦笑)

 

短編集のいいところは、読んだことのない方の作品が読めること。

特に題材が共通している分、初見でのストレスが少ないのが魅力であり特徴なので、本書通じて興味持つ著者現れる読者多いんじゃないかなあ。

 

以下簡単な作品ごとの感想をば。

 

■『麒麟児殺し』(松平信康)宮本昌孝

最近は信康聡明説を採る方が多いなあ。

ただ、本作の信康は、キレ者というよりバランス型(後年の秀忠に近いかも)

これまでの信康像と、近年言われている信康像との間で着地させた感じだが、インパクトとしては弱し。

そして信長が息子・信忠と比較して、信康を亡くした方が将来のためになる、として死を命じたという説ではない形で、物語は進行していく。

ここも近年意見が分かれるところだが、果たして実態はどうだったんだろ・・・

※noteでもう少し詳しい感想を書きましたので、併せてどうぞ。

note.mu

 

■『ならば決戦を』(武田勝頼)佐藤 巖太郎

勝頼の心情を丁寧に追いかけつつ、合戦の一部始終を最新の研究に基づいて忠実に描写した良作。

勝頼を貶めず、それでいて持ち上げしすぎずの絶妙なバランスが見事。

勝頼を描いていて、かつ長編より短いものが読みたい、という方は本作がオススメ。

※noteでもう少し詳しい感想を書きましたので、併せてどうぞ。

note.mu

 

■『けもの道』(酒井忠次)砂原 浩太朗

設楽原(長篠)の戦いの研究が進んで、一番その恩恵を受けている(笑)酒井忠次を題材にした一作。

確か伊東潤さんが、この奇襲戦は移動が相当難しく大変だったはず、と発言されていたが、本作読んで改めてそれを実感。

確かに奇襲としては大人数で、しかも鉄砲多めに持ち歩いて、スピード重視を求められた、まさに過酷なミッション。

後年小牧長久手の戦いにおける、徳川軍の行軍にも役だったのかな、とも思えてしまうなあ。

それにしても、これ、案内の若い女性と忠次がねんごろになる展開、必要あったのか?(爆)

 

■『くれないの言』(山県昌景)武川佑

このアンソロジーの中で最も泣ける一作。

『虎の牙』武川さんならではの熱い人物描写がたまらない。

亡き信玄の声が聞こえる(というか会話してる・・・)という不思議な設定が堂々と物語の核になっているにも関わらず、くどくも違和感もない。

信玄と勝頼、二人の主君への思いに揺れながら、己の生を全うしていく昌景の漢ぶりには、思わず応援してしまうこと間違いなし。

 

■『佐々の鉄砲戦』(佐々成政)山口昌志

意外にこのアンソロジーは織田・徳川色が薄い。

おそらく合戦の中心にいた武将を描いたのが、この作品だけだからだろう。

三段撃ちこそ否定されつつあるこの戦いだが、鉄砲の数は多かったと思われ、それでいて、実は結構織田・徳川軍は苦戦している。

その原因と、勝利に大きく貢献した成政。

その意気込みが「戦を変える」というセリフの中に凝縮されている。

何かを変えたければ命がけで挑まないといけない。今も昔も変わらないな。

 

■『淵瀬は廻る』(朝比奈泰勝)箕輪諒

最大の変化球作。

著者が箕輪さんなら、まあ面白いに違いない、と思っていたら、このアンソロジーの中で最も残影の残る作品となった。

朝比奈泰勝って?淵瀬って?

これについては、是非読んでいただきたい。

ちなみに、最後一歩手前の時点ですでに名作なのだが、ラストであっ、とさせられるエピソードが盛り込まれている。

歴史の中に埋もれた(おそらく紐解かれることのない)思いって、こういうものなんだろうなあ。

 

■『表裏比興の者たち』(真田昌輝)赤神諒

ラストは“赤神”諒さん(笑)しかも真田信綱でも昌幸でもなく、昌輝ってのが渋い。

二人に比べ、はるかに史料が少なく、実在すら?とも言われている昌輝なだけに、赤神さんがインスピレーションを拡げに拡げ、知略の真田らしい大謀略を描いていく。

そして、(赤神さんの作品読んだことのある方想定の通り)ラストは理性よりも感情に沿って、昌輝は死へ向かっていく。その美しさと儚さを、存分に堪能して欲しい。

 

 

題材としては酒井忠次(砂原さん)、朝比奈泰勝(箕輪さん)、真田昌輝(赤神さん)がマニアック。山県昌景(武川さん)は泣かせにきた一作。

いずれもここじゃないと読めない感高めのものばかりだ。

 

 

決戦!設楽原 武田軍vs.織田・徳川軍

決戦!設楽原 武田軍vs.織田・徳川軍

  • 作者: 赤神諒,佐藤巖太郎,砂原浩太朗,武川佑,簑輪諒,宮本昌孝,山口昌志
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2018/10/18
  • メディア: Kindle版
  • この商品を含むブログを見る
 
決戦!設楽原 武田軍vs.織田・徳川軍

決戦!設楽原 武田軍vs.織田・徳川軍

  • 作者: 赤神諒,佐藤巖太郎,砂原浩太朗,武川佑,簑輪諒,宮本昌孝,山口昌志
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2018/10/18
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る
 

 

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

 


読書感想ランキング