モーション・グリーン

ブログ開設13年目!今年も「紡ぐ」発信を目指す読書・アニメ・特撮感想ブログ。400冊読破を目指して今日も読んでます。

〈感覚を生かした方法のアレンジが、その人のスタイルを作っていく〉読書感想:『地アタマを鍛える知的勉強法』 (講談社現代新書)

地アタマを鍛える知的勉強法 (講談社現代新書)

 

 

学びは楽しく。

学べば学ぶほど解放される。

 

おっくうになりがちな”勉強”に対して、もっと楽しく自分らしくやっていこう、というメッセージが随所に込められている1冊。

 

勉強法、とタイトルにはあり、内容も試験勉強などを想定している。

具体的なテクニックについても、他の著書で語っている内容がかなり混じっているので、方法だけ見ると、それほど目新しさはない。

 

この本の驚くべき所は、パートやパーツごとの内容について言及するのではなく、それらを一つのアクションとして再統合することで、”自分の感覚を研ぎ澄ます”ことを目的としていること。

つまり、一過性のテクニック論ではなく、変化を前提とした自分作りが根底にあるのだ。

 

例えば、目次勉強法。

 

目次を拡大コピーして、目次にポイントや自分の考えを記載。

その本の俯瞰図を作成するという手法だ。

 

ここだけ読むとユニークなやり方、な印象で終わってしまうが、実際やってみるとすごいことに気付く。

 

よくインプットとアウトプットが大事、と言われているが、目次勉強法を実践してみると、両者の垣根はほとんどないのだ。

 

書く(アウトプット)ことで頭を整理(インプット)する

見直す(インプット)ことでより深く適切な解答(アウトプット)を引き出す

 

この動作は意識しなければ一過性で行われていた。

そして、振り返るとその一連のアクションの中に”自分らしさ(クセとか書き方とか)”を発見できたのだ。

 

ビジネス本では分けて解説されることが多いこの二つの要素。

もちろん違う動作ではあるけれど、双方向連動することで、その効果は倍増し、自分自身の発見につながった。

サスガ齋藤先生だ。

 

その他にも引用や観察など、意識した方が有用な手法がたくさん収録。

 

どれか一つでも実践してみると、そのスゴさが実感できる。

 

オススメの1冊だ。

 

 

 

地アタマを鍛える知的勉強法 (講談社現代新書)

地アタマを鍛える知的勉強法 (講談社現代新書)

 

 

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

 


読書感想ランキング