モーション・グリーン

ブログ開設13年目!今年も「紡ぐ」発信を目指す読書・アニメ・特撮感想ブログ。400冊読破を目指して今日も読んでます。

〈お主をへだてる境を越えてゆけ〉読書感想:落梅の賦

落梅の賦

 

 

前作『虎の牙』後年の武田家を描いた武川さんの新作。

 

今回は別の地域で育った”武田”の二人が、武田家を滅ぼす物語。

一人は穴山梅雪、そしてもう一人が、これまた「信友」(苦笑)ややこしい・・・

 

二人の境遇から生まれる紆余曲折

随所で描かれる美しい背景描写と心情とのマッチング。

ミステリー要素

男色

トラウマと、その克服

"呪われた"血を越える二人の決断と、その壁を越えるための、武田家とのラストバトル

そして、衝撃の結末。

 

読むべき所がてんこ盛りだ。

 

『虎の牙』の続編ということもあって、信虎のその後や、なぜ信玄が勝沼信友の一族を誅殺したのか、といった未解決要素への解答につながる箇所も描かれている。

(但し、武田家内の血への嫌悪意識が歪みすぎていて怖かった・・・)

 

 

その一方で、盛りだくさんの要素が期待したほど収束しきれず、ラストが小さくまとまってしまったのが残念。

二人の"武田"の心の動きについても、最初に示された「武田を喰らう」ほどのことまで行かなかった気がする。

 

心に響くシーンは随所にあったのだけど・・・

 

 

せめて上下巻くらいのボリュームがあればなあ。

 

落梅の賦

落梅の賦

 

 

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

 


読書感想ランキング