モーション・グリーン

ブログ開設13年目!今年も「紡ぐ」発信を目指す読書・アニメ・特撮感想ブログ。400冊読破を目指して今日も読んでます。

〈俺は必ず生きて、いま一度、お前を迎えに参る〉読書感想:『神遊の城』 (講談社文庫)

神遊の城 (講談社文庫)

 

 

当たり前の話しではあるが、”忍び”が歴史の表舞台で名を残すことはほとんど無い。

“忍び”が歴史の事件に、その存在を明らかになる実績を残すことはない。

 

ところが(直接的ではないにしろ)歴史に大きく関与した、ということなら、いくつかの記録がある。

古くは厩戸皇子(聖徳太子)配下の武将が”忍び”を使ったとの記述があり、もっと後年になると、天草・島原の乱に幕府方が”忍び”を城内に潜入させた(させようとした)記述が残っている。

 

その中でも、最も”忍び”が史実に刻んだ足跡の中で大きなものがある。

それが室町時代後期・足利義尚の死だ。

 

六角氏討伐のため、自ら遠征した義尚だったが、ゲリラ戦法に悩まされ、なかなか目標達成とならなかった。

しかも、義尚は京都に戻ることなく現地で死去。

病死と言われているが、”忍び”の影がちらつく結末とされている。

 

この一連の出来事については、甲賀・伊賀の関与が記載されているとか。

まさしく、”忍び”が歴史を動かした事件である。

 

 

これを題材に描かれたのが本書『神遊の城』

それだけで読むべき1冊なのだが、読んでみると展開が独特。

 

序盤こそ敵・味方それぞれの主人公とヒロインの熾烈な戦いと身分(立場)を越えたラブストーリーが(まるで裏表のように)進んでいく。

ところが、中盤以降は情報と状況の整理を何度もしないといけない何とも不思議な展開。

 

足利軍(義尚)から忍びの国を守ればよい戦いのはずが、室町幕府内権力闘争と,忍び一族内の暗闘が、状況を複雑に彩っていく。

 

そしてそれまで抱いていた予感が確信に変わる終盤。

もう、何が何やら(笑)

 

忍者モノから一気にサイボーグもの?

それともヒューマンストーリー?

 

これまでの忍びモノでは考えられない組み合わせ(要素)が最後の最後まで続く、どんでん返し連発の一作。

 

赤神さんの意欲作だ。

 

神遊の城 (講談社文庫)

神遊の城 (講談社文庫)

 
神遊の城 (講談社文庫)

神遊の城 (講談社文庫)

 

 

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

 


読書感想ランキング