モーション・グリーン

ブログ開設13年目!今年も「紡ぐ」発信を目指す読書・アニメ・特撮感想ブログ。400冊読破を目指して今日も読んでます。

〈虹が、見えます〉読書感想:『チンギス紀 第二十八回』(小説すばる 2019年 8月号 [雑誌])

 

小説すばる2019年8月号

 

 

 

ついに始まってしまったテムジンVSジャムカ。

その戦いで訪れたチルギタイの死。

 

そして同盟国・ケレイト王国トオリルの劣化が、テムジンの前途に暗雲を漂わせる。

 

テムジン陣営は主要メンバー脱落は、初めてではなかろうか。

これからどんどんこういうことが起きてくるのだろうけど、やはりさみしい。

「虹が、見えます」が泣かせるよ・・・

 

 

テムジン陣営全体としては、新たな戦力・貿易の充実、そして先々で必要になりそうな人物(能力)の開花など、どんどん厚みが増してきてはいる。

が、ソルカン・シラの病死など、老い、という話しが忍び寄ってきている。

母もそろそろな雰囲気(涙)

 

 

一方、テムジン包囲網は、ジャムカをも巻き込みながら、タルグダイ参戦しそうな雰囲気。

あとは金国への外交謀略まで発動したら、もはや四面楚歌。

とても嫌な予感しかしない・・・

 

 

小説すばる2019年8月号

小説すばる2019年8月号

 
チンギス紀 五 絶影

チンギス紀 五 絶影

 

 

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

 


読書感想ランキング