モーション・グリーン

ブログ開設13年目!今年も「紡ぐ」発信を目指す読書・アニメ・特撮感想ブログ。400冊読破を目指して今日も読んでます。

〈「演義」だけではなく「正史」も〉読書感想:『三国志人物外伝 亡国は男の意地の見せ所』 (平凡社新書)

三国志人物外伝 亡国は男の意地の見せ所 (平凡社新書)

 

 

再読。

 

我々が知っている三国志のほとんどは「演義」であるといっても過言ではない。

『正史』(史実版)は意識して目を通さないとなかなかお目にかからない。

だからこそ、本書で紹介された話しがどれも新鮮。

 

それだけ、『演義』は吟味された内容であると同時に、我々が頷けるような(感情移入できるような)"つじつま"が組まれているのだ。

 

見方を変えれば、『正史』はどこか妙で、おもしろくなく、(当時の人々にとって)都合が悪かったのだろう。

脚本家があえて描こうとしない"リアル"こそが実態。これは日本でも中国でも同じらしい。

 

歴史理解における史料の理解と信用は、後の世の人々にとってメチャクチャ重要。

その一方で、史実と創作の見分け(区分け)が日本人苦手なのかも?と改めて感じる。

これは、司馬観や吉川文学で育った大人達が、未だに彼らの作品を【歴史】として認識していることにもつながる。

 

楽しむのはいいのだが、これら=史実と思ってはいけない。

そして、中国で愛されてきたのが「演義」だということも忘れちゃいけない。

 

本書読むと、結構『正史』もおもしろい。

「演義」も『正史』も食わず嫌いせず読み込んでいきたい。そう思わせる一冊だ。

 

 

 

 

三国志人物外伝 亡国は男の意地の見せ所 (平凡社新書)

三国志人物外伝 亡国は男の意地の見せ所 (平凡社新書)

 

 

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

 


読書感想ランキング