モーション・グリーン

ブログ開設13年目!今年も「紡ぐ」発信を目指す読書・アニメ・特撮感想ブログ。400冊読破を目指して今日も読んでます。

〈奥方様は、大事なものを失われるかもしれません〉読書感想:『チンギス紀 第三十回』(小説すばる 2019年 10月号 [雑誌])

小説すばる 2019年 10 月号 [雑誌]

 

 

 

ついに、医師に薬師まで合流したテムジン軍。

前回の法律家に続き、着実に国づくりに必要なメンバーが続々登場。

 

ホント梁山泊みたいになってきた。

ベルグティの病が気になるところだけど・・・

 

 

 

決戦まで組織としての充実が増していくテムジン軍。

先を見据えすぎて「今やることがない」と頭領が言ってしまうほど(笑)

それに対し、テムジン側・対テムジン側と、草原の色は鮮明にわかれてきた。

 

 

ちなみに、珍しいな、と思ったのが対テムジン側の大同盟締結のシーン。

北方作品でこういう光景を描くのは、あんまり読んだことがないかも。

まあ、誰が盟主になるか、というのはすごく重要だからなあ。

ジャムカはどこまで腹をくくったのだろうか。

つくづく損な役割を担うな(苦笑)

 

そして、いやーな予言を受け取ったラシャーン。

当初は夫に依存されていたけど、今や夫は立ち直り、気がつけば自分が依存している。

どこか、女性として甘えたい存在を探しているのでは?という気配もあった気がする。

トクトアとの出会いは何をもたらすのか・・・

 

小説すばる 2019年 10 月号 [雑誌]

小説すばる 2019年 10 月号 [雑誌]

 

 

チンギス紀 五 絶影

チンギス紀 五 絶影

 

 

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

 


読書感想ランキング