モーション・グリーン

ブログ開設14年目!今年も「紡ぐ」発信を目指す読書・アニメ・特撮感想ブログ。

2020年11月読んだ本のまとめ。~さあ、あと一息。終わりよければ全て良し~

あっという間だった。 1日1日をなんとか乗り切った。 ここまでくると、たどり着いた、という単語が浮かぶほど。 きっと回想するには早いのだろう。 ただ、朝起きてなんとか出社し(在宅勤務し)、終えて夜寝る、を繰り返せば、もう年明けが見えてくる。 でも…

読書感想:『大分断 教育がもたらす新たな階級化社会』 (PHP新書) 〜世界はどう変わっているのか?今を知り、視点を知る一冊〜

今を分析するのはとても難しい。 きっと数年後、コロナが落ち着いたとき、ぼくたちは2020年の世界情勢をみて苦笑いするだろう。それだけ迷走し、普段では考えられない人間の動きをみてしまい、落とし所に苦慮する。 その過程でマスクをしない道を選んだ国も…

2020年10月読んだ本のまとめ。~今年が終わる。あとはどこまで読むか~

なぜか、11月は落ち着かない。 次の月は年末なので、慌ただしいし楽しい(今年はどうなるかわからんけど) 逆算思考でいくと、11月はいろいろ準備しておいたり、嵐の前ということで力を蓄えたりしたほうがいい。 が、なぜかどちらもできないのがここ数年。 …

読書感想:『天下取(てんかとり)』〜精一杯の抗いで断ち切る連鎖。戦国時代の女たちの戦い〜

もうそろそろ、歴史の見方を変えなければいけないのではないか。 その思いは年々募っていく。 信長や秀吉など、著名な人物や時代に関する情報は更新こそされているものの、従来の説の裏付けか、ありそうでなかったものへの渇望に属するものがほとんど。 いわ…

読書感想:『光秀の選択』〜社会不適合者・明智光秀の戦い〜

明智光秀は何者なのか。 おそらく、これがわからないので、本能寺の変は解明されていない。 (解明された、という結論を出すことができない) 保守的な戦国武将というのが定説だったが、そうとも言えないイメージが宣教師の証言(文献)から出てくるなど、謎…

2020年9月読んだ本のまとめ。~ラスト3ヶ月。何を読むかに悩む時期~

年末年始に向けての三ヶ月予報が出ていた。 なんと、今年はめちゃくちゃ寒くなるらしい。 数年前の関東大雪と同じような気圧配置になるような気配とのこと。 つまり、秋がほとんどない、ということ。 季節の合間がないのは、なんだか慌ただしい。 どうやら今…

読書感想:『はぐれ鴉』第六回 〜ついに、敵討ちのとき。才次郎、人生成就の太刀〜

堤防で起きた事件。 解決するため、動き出すはぐれ鴉と才次郎。 犯人は見つかり、詮議にかけられるのだが・・・ 周囲からは意外な?犯人への戸惑いや、父と娘の対立など様々な要因が入り乱れ、戦後の結果は後味の悪いものへ。 しかも英里は才次郎との相思相…

読書感想:『布武の果て』第七回(小説すばる 2020年 10月号 [雑誌]) 〜本多弥八郎暗躍、目に見えない反信長の気配〜

信玄の死から足利義昭討伐。 一気に巻き返した織田信長の躍進の裏で、光秀に信玄の死を密かに伝えていた(らしい)家康という不気味な存在。 自分たちの情報網に入らなかった遠謀に、いやーな予感を抱く彦八郎たち。 さらに、鉄砲鍛冶の元には家康(元?)家…