モーション・グリーン

ブログ開設14年目!今年も「紡ぐ」発信を目指す読書・アニメ・特撮感想ブログ。

2020年3月読んだ本のまとめ。~こんなときこそ、讃える歌を聴きながら読みますよ~

まあ、滅入る。 気がつけば、「長期戦」なんて言葉が当たり前のように使われるようになった。 日本人にとって盛り上がること間違い無しの2020年だったはずなのに 別の次元に来てしまったかのような、そんな光景が連日テレビで流れる。 ほそぼそと、でもした…

読書感想:『じんかん』(小説現代 2020年 4月号 [雑誌]) ~これぞ次代への挑戦状!松永弾正久秀を描いた傑作現る!~

5月に単行本として発売される作品が小説現代でまるまる掲載。 表紙にもどばーーーんと掲載されており、今号の目玉なことは間違いない。 題材は松永久秀 しかも描くのは今村翔吾さん 『戦国の教科書』でも久秀を描いており、その時点で松永久秀のスタンダード…

読書感想:『波紋』(小説現代 2020年 4月号 [雑誌]) ~夢を断った一太刀 中村半次郎“唯一”の人斬り~

史料上、実は一人しか人を斬っていない“人斬り”半次郎。 その唯一の存在・赤松小三郎暗殺を描いた短編。 “信濃の龍馬”と称された小三郎。 その開明的な知見は、龍馬より早く民主主義・大政奉還を提示したと言われている。 そんな幻の英雄のまっすぐな姿と、…

読書感想:『千年の松』(小説現代 2020年 4月号 [雑誌]) ~決断に必要なのは、感性か理性か。細川幽斎運命の一瞬~

本能寺の変前後、理性と感性との間で揺れ動く細川幽斎を描いた短編。 細川幽斎(藤孝)と言えば、戦国時代の中でも一級の文化人でありながら、数々の武勇伝が伝わる、著名な戦国武将。 まさに二物を与えられた漢だ。 彼の目の前に現れた“自分が滅ぼした名家”…

読書感想:『桔梗の旗 明智光秀と光慶』~本能寺の変に隠された光秀の願い、凡なる息子が決めた結末~

本能寺の変を光秀の子・光慶を主軸に描いた異色の歴史小説。 前半は光慶視点。後半は光秀視点で物語序盤へ巻戻り、もう一回同事件を追体験することで、二人のすれ違いと事件の真相が明らかになっていく。 全てが判ったとき、光慶が下した決断とは・・・ 四国…

読書感想:『はぐれ鴉 第一回』(小説すばる 2020年 4月号 [雑誌]) ~願うは敵討ち!青年剣客、故郷に帰る~

赤神さんの新作が連載開始! 舞台は江戸時代初期の竹田藩(大分県) 物語はミステリーとサスペンスが入り交じる青年剣客の復讐物語(今のところは) 序盤こそ一家惨殺という衝撃光景から幕を上げる緊張感満載のトラウマ展開。 しかし本編始まってみると竹田…

読書感想:『剛心 第六回』(小説すばる 2020年 4月号 [雑誌]) ~何もかもが足りません?! 広島への議事堂建設最前線~

前回に引き続き、広島に議事堂を作る悲喜こもごも回。 納期も予算も材料も人材もとにかく全てが枯渇していて、しかも急ぎと催促しながら予算承認に時間がかかり、縦割り行政で頼んだことに対してはノロノロ対応。 投げ出してもおかしくない状況の中、一人泰…

読書感想:『布武の果て 第二回』(小説すばる 2020年 4月号 [雑誌]) ~三好か織田か?三人の商人に問われる目利き力~

三好と織田との間で揺れ動く堺。 三好が大軍を率いて上洛すれば三好の勝ちと騒ぎ 攻められた織田が守りきれば織田への対応を検討する。 基本は三好だろうと思いつつ、一つの動きや結果で一喜一憂する濃屋衆の姿(まあ、実質武野のみだけど)が生々しい。 地…