モーション・グリーン

ブログ開設14年目!今年も「紡ぐ」発信を目指す読書・アニメ・特撮感想ブログ。

2019-12-17から1日間の記事一覧

〈けど、きっとどうにかなります〉読書感想:『三木城合戦記』 命、散りゆけど(後編 最終話)(小説すばる 2020年 1月号 [雑誌])

開城、そしてその後を描いた最終回。 何かあるんじゃないか まだ波乱があるんじゃないか とビクビクしながら読んでいた。 加代たち名も無き領民や、伊織ら有志の別所武士団からすれば、開城して命救われればそれでよい、ということではない。 手術が成功した…

〈政治主導ってめんどうだ〉読書感想:『剛心』 第三回(小説すばる 2020年 1月号 [雑誌])

前回から引き続き政治主導のご都合展開にげんなりする展開。 現場からするとやりきれない思いをさせることばっかりだなあ。 井上馨、もう少し仕事してくれ(苦笑) 外交方針が変わり、内閣が変わる。 未だ長州や薩摩出身といった派閥が政治の中心を取り合う時…

〈儂は戦に疎い。縄張りは任せる〉読書感想:『塞王の楯』 第六回(小説すばる 2020年 1月号 [雑誌])

匡介、蛍大名・京極高次とご対面。 高次、しゃべればしゃべるほどいい人すぎる(笑) よく生き延びてきたなあ。そこらへんはやはり、“蛍”の存在があるが故の開き直り、なのだろうか・・・ ちなみに、雑誌連載なので挿絵があるのだが、描かれていた高次はえびす…

〈新しい戦の絵図を、俺は描きたい〉読書感想:『チンギス紀』 第三十三回(小説すばる 2020年 1月号 [雑誌])

大戦は、勝敗だけを決めるのではない。 勝った方も、負けた方も、何かが変わる。 そしてそれは、いい風に変わるとは限らない。 草原の覇権を廻る総力戦を制したテムジン。 事後処理や周辺掃討を他武将に任せられる人材豊富ぶり、盤石な体制に見えてきた。 今…