モーション・グリーン

ブログ開設14年目!今年も「紡ぐ」発信を目指す読書・アニメ・特撮感想ブログ。

2020-03-17から1日間の記事一覧

読書感想:『はぐれ鴉 第一回』(小説すばる 2020年 4月号 [雑誌]) ~願うは敵討ち!青年剣客、故郷に帰る~

赤神さんの新作が連載開始! 舞台は江戸時代初期の竹田藩(大分県) 物語はミステリーとサスペンスが入り交じる青年剣客の復讐物語(今のところは) 序盤こそ一家惨殺という衝撃光景から幕を上げる緊張感満載のトラウマ展開。 しかし本編始まってみると竹田…

読書感想:『剛心 第六回』(小説すばる 2020年 4月号 [雑誌]) ~何もかもが足りません?! 広島への議事堂建設最前線~

前回に引き続き、広島に議事堂を作る悲喜こもごも回。 納期も予算も材料も人材もとにかく全てが枯渇していて、しかも急ぎと催促しながら予算承認に時間がかかり、縦割り行政で頼んだことに対してはノロノロ対応。 投げ出してもおかしくない状況の中、一人泰…

読書感想:『布武の果て 第二回』(小説すばる 2020年 4月号 [雑誌]) ~三好か織田か?三人の商人に問われる目利き力~

三好と織田との間で揺れ動く堺。 三好が大軍を率いて上洛すれば三好の勝ちと騒ぎ 攻められた織田が守りきれば織田への対応を検討する。 基本は三好だろうと思いつつ、一つの動きや結果で一喜一憂する濃屋衆の姿(まあ、実質武野のみだけど)が生々しい。 地…

読書感想:『塞王の楯 第九回』(小説すばる 2020年 4月号 [雑誌]) ~大津城改修大詰めへ。その『先』を見据えて“絶対の楯”が生まれる~

水城・大津城の改修は大一番へ。 相変わらず城主と奥様が視察するお祭り騒ぎの大津(苦笑) そんな中、高次との会話で発覚したのだけど・・・ 匡介よ、数回前で大津城の改修はできると思う、と構想を提案しておきながら、実際は未知の領域だったのかよ(驚)…

読書感想:『チンギス紀 第三十六回』(小説すばる 2020年 4月号 [雑誌])~勝つべくして勝つ!テムジン、また一つ壁を壊す~

勝負は、あの瞬間に決まっていた。 トオリル・カンが欲を出したときに・・・ テムジンが気付いたときに・・・ 唯一の同盟国・ケレイト王国の裏切りにあい、敗走したテムジン。 が、それは偽装だった。 (わざとぶちまけられた)物資を戦利品と思って回収する…