モーション・グリーン

ブログ開設14年目!今年も「紡ぐ」発信を目指す読書・アニメ・特撮感想ブログ。

2020-04-17から1日間の記事一覧

読書感想:『塞王の楯』 第十回(小説すばる 2020年 5月号 [雑誌]) ~秀吉が残した呪いの一言 天下争乱前夜~

天下人・太閤秀吉の死。 再び訪れそうな混乱を予期してか、世情は不穏な雰囲気に。 穴太衆はこれまで以上に仕事が減り、身の振り方を考え始める者が現れた。 他家の仕官。 それは独立不羈の姿勢からの脱却にして、穴太衆への裏切りを意味していた。 雇われに…

読書感想:『剛心』 第七回(小説すばる 2020年 5月号 [雑誌]) ~その志を失うな! 広島議事堂建築 完結編~

日清戦争のため、臨時で政府が広島へ移動。 そのために作られることになった臨時の議事堂、いよいよ完成間近。 が、ここにきてミスが発生。 突貫作業だからこそ起きてしまうヒューマンエラー。 現場の愕然とした雰囲気の中、職人達は口を揃える。 仕方がない…

読書感想:『布武の果て』 第三回(小説すばる 2020年 5月号 [雑誌]) ~一歩間違えれば消えてしまう? 若き三人の織田勤め始まる~

堺が信長に屈服し、彦八郎ら3人は織田勤めをすることに。 結局動きが見られない三好、アナザーエンドを象徴するかのように燃やされた尼崎を戒めにして、堺を守る戦いが始まった。 そして「茶」というキーワードに誘われるように、明智光秀が初登場。 将軍家…

読書感想:『はぐれ鴉』 第二回(小説すばる 2020年 5月号 [雑誌]) ~幕府隠密でも掴めない竹田藩の謎 鍵を握るのは姫ダルマ?~

見れば見るほど、聴けば聴くほど、引っかかることだらけ。 竹田の観光旅情作品として楽しみの反面、謎は深まっていく。 やっぱりなにかある竹田藩。 ホントに一部の人しか知らない謎があるのか、みんな口を閉ざしているのか・・・ 脳天気で、都会に憧れるム…

読書感想:『チンギス紀』 第三十七回(小説すばる 2020年 5月号 [雑誌]) ~一瞬の隙を突くジャムカ!鉄と刃こぼれと逝く命~

反金国連合軍VSテムジン。 かつてのジャムカ率いる連合軍撃破の後も、次々と現れる敵。 しかし、その時ほど切迫な雰囲気はない。 むしろテムジンが前面に出ずとも、打ち倒せる体制が整ってきた。 動員兵数はもちろん、分割行動する部隊すら万単位。 物語初…