モーション・グリーン

ブログ開設14年目!今年も「紡ぐ」発信を目指す読書・アニメ・特撮感想ブログ。

仮面ライダーカブト 第1話「選ばれし者は、俺だ」感想

f:id:maito0405:20200608230853j:plain

 

仮面ライダー 生誕35周年記念作品。

5年前、アギトに夢中だった頃が、本当に遠い昔のよう・・・

あのころより、技術も演出もビジョンも、本当に進化しつつも、新たなレジェンドが、幕をあけた!!

 

f:id:maito0405:20200608230918j:plain

 

○ OP

田崎監督演出のOP。

555の時もそうだったが、意味深だけど、その思念を吹き飛ばす疾走感!

シリーズ通じてのキーワード(的なもの、多分)をちりばめつつ、カブトの魅力・スピード感をこれでもか、とつぎ込んだ意欲作。

はめ込み具合が唯一感漂っているので、555同様最後までこのまま行っちゃいそうな気がするのだが、それでもいい、飽きない映像美!!!

(田崎監督のOPは子どもがすごくいいアクセントとして使われているなあ)  

 

キーワードとしては  

・天道、ひより、加賀美。3人がこの物語の中心核  

・人間界に潜むワーム。擬態していることを数シーンで示す、音楽とマッチした、最高の演出  

・絵の中おびえるひより。緑の物質はワームを象徴しているのか?  

・雨の中、加賀美が見た光は、ひよりの絵(この後、消えてしまう、加賀美の叫びがこだます・・・)  

・がれきの山の中、手を伸ばす少年と少女。少女はひより?では少年は・・・  

・カブトと天道、お互いが見据えた先は?  

・ベルトらしきものを手にする少年。これの意味は?  

・超スピード感あふれるサビの映像。何度見てもかっこいい(タイトルコール直前でスローにしてみてください。カブトが急スピードで迫ってくる)

 

 

NEXT LEVEL

NEXT LEVEL

  • アーティスト:YU-KI[TRF]
  • 発売日: 2006/03/23
  • メディア: CD
 

 

○集団戦VS集団戦  

孤高のヒーロー、仮面ライダーが悪の集団と戦う。これまでは「孤高VS悪(集団)」のイメージが強い。

カブトでは敵も味方も集団戦(カブト自身が組織の人間ではないけど)。

謎のモンスター、ワームとそれらを殲滅する特殊部隊ZECTとの、多対多の壮絶な集団戦(いわゆる戦闘員対戦闘員) 。

冒頭からその戦いがはじまり、ZECTの兵士ゼクトルーパーライダーマンみたい)とサナギワームが激突。ゼクトルーパーは銃撃戦でサナギワームをよせつけない・・・かに見えたがどうやら脱皮するもよう。

脱皮したワームは、やっぱりクモワーム。

仮面ライダーといえばクモ男。これももはや良き伝統(?)  

 

クモワームになると、超高速スピード・クロックアップで見る見る斃れていくゼクトルーパー、今は良いとしても、人間側のヘタレ戦闘員決定?  結局煙幕張って撤退。犠牲者は20人以上と全滅に近い状態。指揮官の田所さんも悔しさをかみしめます。    

 

○その名は、天道総司  

ZECT見習いの加賀美君。喫茶店サルのバイトをしながらの生活。午前様もしばしば(?)  

そんな中、出会ってしまった変な男  

「おばあちゃんは言っていた。天の道を行き、総てを司る男。俺の名は天道、総司」  

今時ゲタを履き、豆腐を持ちながら朝方うろつく男、すでに変人(殴)の雰囲気あり。しかし東京タワーを背にして、このかっこいい名乗り。超大物の臭いが・・・    

 

○良き兄、そして待ち続ける兄  

道家の朝、なんとも穏やかな音楽と元気な妹。当の兄は、おそらくニートハウスキーパーでは無い)

そして何かを待ち続ける兄。  

妹が出かけると、トレーニングを積み、何かを待ち続ける天道。

このシーンは、天の才能だけではなく、このような日々のトレーニングを積む、努力と研鑽を惜しまない人間だという証。見習いたいもの。    

 

○不思議な少女、迫るワーム  

バイクで移動する天道に近づき、バイクの傷みを感じる少女・ひより。

もっとも一番驚いたのは「ぼくっこ」ってことでしたが(笑)  

そのひよりに迫るワーム。完成したベルトを持ち、未だ適格者不在ながらも迎撃に向かう田所達。そしてそのベルトと同じベルトを持つ天道。  

完成したばかりのはずのベルトを、なぜ天道が持っているのか?  

単純に考えれば、天道+ベルト、もしくはベルトが未来からやってきたというのが妥当な見方(実際、ベルトには超高速粒子のタキオン粒子が駆けめぐっているのでありえない設定ではない)さて、真相は・・・?  

 

クモワームに迫るゼクトルーパー

しかし、勝てるはずもなく全滅の危機に。

加賀美はベルトの使用を熱く、熱く要請。

田所もやむをえず許可。まあ、一か八か的な感じが・・・

このままいけばトルーパー全滅ですし。    

 

○カブト降臨  

だが、カブトに選ばれたのは加賀美ではなかった。

同じベルトを持つ男に、カブトゼクターは舞い降り、カブトがその姿を現した・・・  

カブトMはパンチ中心の重装備型。

クナイガンを連射する姿は勇壮そのもの。クロックアップされても、まるで動じないその冷静さ。まさにおれさまさま

 

見事Mフォームでクモワームを撃退したカブト。

そこに集まるZECT。ひより。加賀美。

予想だにしない救世主降臨、次回が楽しみすぎる・・・

 

仮面ライダーカブト VOL.1 [DVD]

仮面ライダーカブト VOL.1 [DVD]

  • 発売日: 2006/08/04
  • メディア: DVD
 

 

仮面ライダーカブト 変身ベルトDXカブトゼクター

仮面ライダーカブト 変身ベルトDXカブトゼクター

  • 発売日: 2006/01/28
  • メディア: おもちゃ&ホビー
 

 

 

にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ