モーション・グリーン

ブログ開設14年目!今年も「紡ぐ」発信を目指す読書・アニメ・特撮感想ブログ。

今週の銀魂とBLEACH

 さてさて、今週も張り切って、銀魂とBLEACHの感想を手早く(殴)行っていきやす。

 ○今週の銀魂  原作の第1訓をほぼ忠実に再現したお話。とはいってもおもしろいところや突っ込むところは押さえつつ、締めるところは締める当たり、さすがは銀さん、といったところ。ちなみに最初なので、神楽や桂、新鮮組なんかはもう少しお待ちを・・・こう考えるとメンバー増えましたね、銀時と新八じゃあ、なんか寂しい。  銀魂のキャラクターの特徴は、欠点がはっきりしていること。それは作者の空知さんも意識されてることのようで、銀魂-ぎんたま-公式キャラクターブック銀ちゃんねる!によると、キャラクターを作る際には、長所よりも短所に気を使っているとか(ちなみにこのキャラ本、銀魂には珍しく、割合正当なキャラ本です。一部除いて)。そんなところに気をつけてみると、何か意外と奥深い世界に見えてくる・・・かな?  ↓んで、今週のもとになった原作本です。  銀魂 (1)  

 ○今週のBLEACH  ここにきて、展開がスムーズになってきたバウント編。最初の頃は「幽遊白書じゃん!!」と突っ込んでいたもんですが(今でも、狩谷が仙水に見えますが・・・)ギクシャク感が薄くなってきたので安心してみていられます。あとは、どう落ち着かせるかなんでしょうが・・・来週からは再び修行編のようです。でも卍解以外にたどり着く姿があるのでしょうか、一護の場合。  余談ですが、ED見ると、BLEACH界には、美人しかいないことがよくわかります(爆)  BLEACH バウント篇 1