モーション・グリーン

ブログ開設14年目!今年も「紡ぐ」発信を目指す読書・アニメ・特撮感想ブログ。

仮面ライダーカブト 第12話「お前の言うことは正しい。だが、気にくわない!!」感想

 遊びがふんだんに取り入れられた前回とは異なり、今回はきちんとしめる王道に仕上げてくれました。さすが田崎監督、平成ライダー3作のメイン監督は伊達じゃありません。天道×風間、そして天道×加賀美という2つの関係性がより明確になり、見応えがありました。しかし、天道を前にするとみんな小物に見える・・・

 ○本日の朝食  すっかりシリーズ化している天道家の食卓。本日は雑炊、しかも薬味がとんでもなくたくさんある、しかもどれもうまそう。良い意味で言えば愛情たっぷり、悪い意味で言えば超過保護、とはいえ羨ましい限り・・・  一方ドレイクが風間であることを知った加賀美はZECTに入るよう頼みますが、予想通り断られます。ドレイクに選ばれたことを快く思っていない風間、彼がなぜ、どのようにゼクターを得たのかはまだ証されていませんが、ここまで組織以外の人間へゼクターが無料レンタル(というか所在なし?)されている現状を、ZECTはなんとかしないんでしょうか?それはそれで組織の危機のような気が。。。  断られたあげく、メイクアップまでされた加賀美。そっちの道に走るかと思った(汗)しかし、男まで魅了する風間の腕前って一体。  ○迷走する下士官  岬が三島を訪れ、ZECTの方針に疑問をぶつけます。ZECT以外のライダーを抹殺するのは確かにナンセンスなんですが、適格者がここまでくせ者だと、それはそれできつい気もしますがね。  応対する三島にはなんと味覚がないらしく、サプリメントのみですましている模様。どういうことなんでしょう。まさかワームだったとか、隕石と何か関係があるのか、など色々勘ぐってしまいます。  結局交渉は不調に終わります。同じように不調に終わった加賀美とそば屋へ。バリバリのキャリアウーマン(?)岬にはやけにこういったお店が似合います。しかもズルズルと一気にそばを食う当たり、体育会系なのかも?余談ですが、昼食を500円以内で済ませるところを見ると、ZECTの給料は安いか今月はピンチか、もともと豪勢なご飯は食べない主義か。。。どれでしょうねえ?  ちなみに、井上脚本は食事ものが大好きです。  お互いうまくいかないけどがんばろう、と加賀美の肩をたたく岬。かっこいい。大人の女性です。一方で天道の真意を読む当たり、彼女も少なからず加賀美に何かを感じている模様。  ちなみのちなみですが、ZECTの仕事内容って個人の裁量にかなり委ねられているんでしょうか?前回の岬といい、今回の2人といい、どうみても業務的な仕事をこなしているようには見えないのですが・・・

 そして今回も現れたZECTのトップ。風間のデータが届けられた所を見ると、ある程度本部も把握しているようです。そして風間に興味を持つお父様。黒証明でお姿が見えなかったこれまでとは違い、意味深なセリフをこぼすあたり、何かを狙っているんでしょうか?  ○変人対決(?)再び  サルに現れる天道、そして風間。もはや天道は常連のようで、ランチをいつも食べに来ている模様。そして相変わらず愛想の悪いひより。毎度思うのですが、コミュニケーション取るのが苦手なひよりが何で接客業してんの?まあ、料理の腕を買われてはいるんでしょうが・・・  相席になった2人。なぜか連れてきた女性の数で競うことに。加賀美もさすがにそれは・・・と思ったところでのこの展開。カメラワークがおもしろすぎです。  そしてなぜかスクラッチでも争う(?)ことに。(こんなちゃんとしたキャンペーンやってるんですね、このお店。一介の小さな洋食やではなかった?)あの手のものって当たらないときはとことん当たらないですよね~(涙)そのドつぼにはまった、我らが天道。さすがに彼でもスクラッチの中までは司れない(笑)  しかもそこでむきになる当たり、器が小さいのはどちらやら(笑)でもこんな負けず嫌いもまた人間くさくてgood。「二兎を負うものは二兎とも取れ」おばばちゃんの思想はこんな小さな戦いでも発揮されていたぁ。  なぜか加賀美まで手伝うことに。彼らはガチャ○ンやカード○スでお札数冊をくずしてでも全種類コンプリートするorお目当てのものを手に入れる型と見た(笑)。そして「当たった」さっぱり言い、ポイと机に置く。100円割引のためにやってたわけではなさそう(あたりまえだ)でも頼んだものは完食。ここらへんは偉いところですが、どんだけお金あるんでしょう?こいつの財布の中身を知りたい・・・  ○勝敗  風間はなぜか女子プロの部室へ行き、部員(要は女子プロレスラーとヤンキー)にメイクアップ。なんか風間親衛隊みたいに綺麗になってしまった・・・ここも田崎監督ふんだんに遊びまくっていますが、一方でメイクされることを意識して元々綺麗な女性を選んでいるのもポイント。  対して天道は1人。勝負あったかと思いきや  「あ、天道総司だーーー」 と女性陣が全員天道のもとへ。  なんでみなさん天道のことしってんの?なんで天道のもとへ行くの?と疑問が沸きまくり。よく天道は彼女らと会っているんでしょうか、だとすれば相当な暇人か、日頃からいろんな人のもへ行くまめな奴か、はたまた「おれ様」電波を発信しまくっているか(?)ともかく、まるで選挙立候補者がごとく、いろんな所に顔を出していることは予想されますが・・・  逆転された風間は量より質を主張しますが、天道の言うとおり「化けの皮がはがされた」風間。そもそもメイクした人間(この場合風間)は同じなのだから質を主張したら、風間がひいきしている(素敵な女性はがんばってメイクしている、とか)か元の顔の話しになってしまいメイクした意味がなくなってしまう、それではメイクされて嬉しがる女性達が怒るのも当然です。  天道はそれ以前に、女性は平等に美しいと主張、凄まじいほどのフェミニストぶりですが、ある意味、女性を見た目だけでは判断してはいけないという人間の大事な考え方を主張していると考えれば、おばあちゃんのお言葉はまさしく正解で、この勝負そのものが本来やってはいけない(女性をもてあそんだ)行為であるとさえ警告していますね。天道の懐の大きさは、このようなおばばちゃんのお言葉によって形成されているんでしょう。自己中な最強のおれ様、天道は、その一方で妙な差別は一切しません。みなを平等に見下してます(爆)  しかもえらいことに、風間の最後の砦がワームであると見破ります。どうやら擬態しても体質は変えられないようです(前回の化粧の話しも加えると)。ハエワームと共に、どこからともなくサナギワームが大量発生。風間もさすがに変身。カブトと共に共同戦線へ。  ○友達じゃない、だから共にいられる  戦闘の中、加賀美に迫るワーム。腰が抜けたかのように逃げる加賀美「天道ーー」と助けを求めますが、カブトは諭します「友達を理由にして俺を頼るな」  前々回の感想で加賀美の言う「友達」は本当の友達ではないという事を書きました。友達って言う言葉は本当に恐ろしく、ある意味相手との関係を縛り付ける言葉。「俺たち友達だよな」と言われれば、何かそれ以上の関係にもなれないけど壊すこともできない、そんな言葉。安易に使っちゃいけない言葉です。  加賀美は「友達」「友情」という言葉で己を縛り付け続けました。「お前はなんのためにZECTに入ったんだ?」天道の言葉は加賀美を衝きます。  立ち戻る心、よみがえる決意「そうだ、俺は全てのワームを斃すために・・・」  銃を持ち、逃げずにワームにぶつかっていく加賀美。  「天道、俺とお前は友達じゃない」  ・・・何ていいセリフなんでしょう。今回の間違いなく最高の名ぜりふ。  加賀美は捨てました。偽りの関係、べたべたした距離。  加賀美は選びました。彼をあてにすることも頼ることもしない道を。    2人は青臭い友達じゃない。例え力の差はあっても肩を並べ、背中を預け、体を張り続ける仲。だから天道は9話で加賀美を助けなかったし、10話で戦う仲でもパーティを開こう、と言ったのでしょう。「今度うちに遊びに来い」と公認もいただいたことだし(笑)(聞いてはにかんだ加賀美がまたいい)これからも反発しながらも、お互いの信念の元に、深い部分で結びつく仲でいてほしいもんです。応援しますよーーー  ○弱きトンボ  一方キャストオフしたドレイクの前にハエワームが現れ、その陰には風間の常連、ユカリさんが・・・  ユカリの声に動揺する風間、一方的にやられます。カブトはすかさずクロックアップ。超高速戦闘へ・・・  今回は桜。おそらく4話の雨の応用でしょうが、少しずつ動く花びらや、動きに合わせて絶妙に動く花びらなど、まさに技術極まったなと思わせる、こりに凝ったシーン。そして久しぶり(でもないんだけどそんな気がする)のライダーキックでフィニッシュ。桜が散る中、彼の指は天を指しました。  忠告をして去るカブト。ある意味、風間にとっては屈辱の数々ですよね。女性の数では負け(そもそも彼は女性を美しくさせることを心情としていたはずなのに)、なんと数を競うことに女を使い、質に切り替え、おまけにユカリさんはワームだった(つまり本物は殺された)という最悪な展開。彼の心の弱さを露呈してしまいました。  最後のセリフですが、2話通して初めて出した。彼の泥臭い本心。なりふり構わなくなってきたのは、ある意味いい傾向ですが、小物化していくのはおもしろくありません。矢車同様、一度弱さを出し切って、もう一度天道と張れる人間になってほしいですねえ。  ○完全調和再び  そして次回は、公式ブログでも匂わせていたとおり、矢車が再登場。影山ももちろん登場するようです。矢車の真価が問われる13話。やばい、1週間が待ち遠しいーーー  さらにカブトと再び出会うひより(Rフォームは初?)。カブト=ベルトの持ち主=天道がばれる?  ○今週の変装訓練  「イメチェン」  そんなイメチェンあるか~  「(そうか」  納得するなーーー    ○レジェンドは始まる  そして、おなじみの主題歌。なんとオリコン初登場(週間)11位!!このレジェンドを見逃すな「ついてこれるなら~」

 NEXT LEVEL    そしてこちらはエンディング曲。こちらもオリコン初登場(デイリー)初日は13位という高売り上げを記録してるヒット曲です。「FULL FORCE」はもちろん、カップリングの「Bang!Bang!Revolution」も軽やかな新社会人応援曲風ですよ(?)出勤する際にはかならず1回は聞く朝のビタミン剤。皆様も是非。

仮面ライダーカブト エンディング・テーマ FULL FORCE