モーション・グリーン

ブログ開設14年目!今年も「紡ぐ」発信を目指す読書・アニメ・特撮感想ブログ。

今週の銀魂とBLEACH

 今週は、銀魂が重い話でした。原作よりもキャラデザインがかっこよい分、こういった話しにとってもマッチしてるのが、不気味というか、違和感があるというか(笑)その一方で、ED前とか、BLEACH前のショートネタで大いに笑わせて頂きました。声はいるとさらに笑える、特に新八が。

 ○銀魂  アニメ見終わった後、原作見てみたのですが、やはり、デザインのせいか、声優さんの渋い声のせいか(桂役の石田さんがいい味出してます)。  よくよく考えてみると、銀時ほど辛い立場の人はいない。かつての仲間が数多く死に、今いる同士にも理解されず、理解を求めず無明のなか、グダグダと生きている、端から見ればふぬけになったと見られても仕方がない。  でも彼は、何かを通した、今も通しつづける。それが、桂にはうれしかったのでしょうね。原作では、もう江戸の住人になりつつある桂ですが、アニメでは己の道を行けるところまで行ってほしいですね、あまりギャグキャラになりすぎず(もうなってるか、既に)  余談ですが、山崎は変装する必要あったのでしょうか?あそこで。しかも服装がもろテニ○リ・・・  冒頭でも書いたとおり、今回は本編終了後が本当におかしかった。自業自得とはまさにこのこと、警察は辛いよ(爆)&そんなキャンディーがあるかあああああああ のコントはおかしかったあ。毎回とは言いませんが、たまには見たいかも(空知さんも・・・)  銀魂 (1)  

 ○BLEACH  なんか久し振りな気がしますねえ。中休みの修行編と思いきや、ヘコんだ一護が復活するお話でした。。。アニメでは卍解ができない一護なのでそろそろ卍解できるようになるのかな、と思いきや、どうやらまだまだ先のようです。  カリヤの力に自信喪失していた一護恋次が叫んだ「いつから勝ち負けを計算するようになった!!」と叫んだセリフは、個人的にヒットでした。今日発売したBLEACH 22 (22)では、ルキア一護を叱咤していましたが、セリフこそ違え、一護と出会ったことで、己の本音と信念に従う勇気を得られた2人だからこそ言えるセリフ。根っこの部分や一護に対する思いが共通しているのは、さすがだなあと感じます。展開がいいテンポになってきたバウント編。次回も期待です、でもりりんらの出番ないのが残念、つうかなんでぬいぐるみモード・・・?  BLEACH バウント篇 1 (完全生産限定版)