モーション・グリーン

ブログ開設14年目!今年も「紡ぐ」発信を目指す読書・アニメ・特撮感想ブログ。

仮面ライダーカブト 第17話「最低にはなりきれないらしい」感想

 良くも悪くも、人間の弱さが浮き彫りになった17話。もはやなりふりかまっていられない影山と、大事なことを忘れ、大事な者を手放してしまう風間。そのほかのキャラクターをも含め、新たな事件の始まりです。  そのなかでも超絶のポジションをキープし続ける天道、もはや何も言うまい(?)  ○狙われる少女   夜歩いていたところを何者かに狙われて以来、おびえ続けるゴンちゃん。彼女もまた弱さをあらわにし始めます。でもまだ子どもだから、心を許す風間にすがりつくのに、風間はとりあってくれません。しまいにはトイレまで風間を連れてくる始末。女性に見つかり変態扱いになるのは、もう、お約束です。 余談ですが、トイレにいると落ち着くのか、風間がそばにいると落ち着くのか、セリフはちゃんと突っ込んでくれるゴンちゃん、得難い相棒です(でも前回とセリフは同じ。いい加減覚えてくださいよ、風間さん)。そして、通報する女性の携帯の音が、  ふ、ふ、ファイズフォンじゃないかああああああ   さすが田崎監督。こういうお遊び大好きです。「STANDING BY」と言ってしまったのは私だけじゃないはずだ(笑)   ○自慢話   次回は関わりそうですが、今回は絡まなかったZECTメンバー。前回の大手柄(退治したのはカブト)を自慢しまくる加賀美。段々美化されてきているのは気のせいか?気が付けば化粧はしてるわ撃ち方はかっこよいわで、一体お前は何もんや!!と突っ込んでしまいました(笑) ちなみにツボだったのは岬さん。加賀美へのツッコミや風間への応対がこれまでにないほど自然体だったのが笑えました。つうか、毎度思うのですが、岬は日頃何をしているんでしょうか?「岬の1日」とか特別コーナーないかな・・・? さらに意外だったのは田所さん。思ったよりも部下には甘いようです(笑)目に入れてもかわいい加賀美くん、てことでしょうか?  ○共鳴  「大介に怒られちゃった・・・」 うん、素直に目頭が(泣)「プライベートの時間が必要」などのセリフから、一緒にいながらもある程度独立心があるのかなあ、と思いきや、やはり支えをほしがる少女。調停役をひよりに頼むゴンちゃん。境遇に親近感を感じたのかひよりが乗り出します。 余談ですが、最近弓子さんいないですねえ。ひよりが事実上の店長代理、だからなのか喫茶店・食事処・会議場・美容院(?)と好き勝手に使われているサル。もはや「ZECTのはなしをここでするのか」とツッコミもしません(爆)そして登場人物が一度は訪れているお店になってしまってます(田所以外)そういえば、岬もサルに来たのはつい最近(15話から?)出会い茶屋?な一面もありますね 「だから、なにやってんだ店の中で」(byひより)  ○手放した男   つないでいなければならなかった。その手を離してしまった男、風間大介。ゴンを影山に誘拐されてしまい、本意ではないにしろカブトに襲いかかります 影山クンですが、もう小物を通り越して哀れとしかいいようがない(悪)まあ、気持ちはわからなくもないのですがね・・・失敗は続くし、ザビーは三島に取られてしまった(変身ができ、自分よりもうまく扱えている)。ここで手柄を立てないとザビーを取り上げられ、自分には何もなくなってしまう、、、という恐怖に襲われたのでしょう。前回三島に泣きついていたのは、それを象徴していたと言えるでしょう。だからこそ、影山はなりふりかまっていられないのです、とはいえ、嫌々やっているようにも見えないのですが・・・  手放したことで、初めて気付く、大切な存在のことを。  いつものカブトのノリでいけばマトリックスばりの回避をした天道のすごさと、起き上がり変身の見事さを書こうかと思うのですが、状況が状況なだけに乗り切れない(泣)  しかも、戦闘ではカブトと勝負になりそうもないドレイクがカブトと互角以上に渡り合っている(驚)  ゼロ距離連射は、久々に歓声を上げてしまいました。かなり迫力があって痛快でしたが、ゴンちゃんは無事なのでしょうか、それだけが気になります(おい)  

ブログランキング・にほんブログ村へ images