モーション・グリーン

ブログ開設14年目!今年も「紡ぐ」発信を目指す読書・アニメ・特撮感想ブログ。

武装錬金 第3話「キミは少し強くなった」感想

 初めて、1人で戦うことになったカズキ。その決意が、今問われる。  ○豪華キャスト  キャストの話なんですが、よーく聞いてみたり、キャスト一覧を見てみると、声優陣豪華ですねえ。今回敗れたホムンクルス・蛙井は、あの結城比呂さん(「覇王大帝リューナイト」のアデュー役や、「ガンダムSEED」のクロト役など多数)ですし、第1話でカズキ・斗貴子に敗れたホムンクルス・巳田役は置鮎龍太郎さんですし(代表作品・・多すぎて、抽出できません!!)、同じく1話で敗れたホムンクルス・猿渡役は稲田徹さん(デカレンジャーのドギー役や、BLEACHの狛村隊長役)、さらには2話で登場し、4話に(おそらく出るであろう)ホムンクルス・鷲尾役は伊藤健太郎さん(BLEACHの恋次役でおなじみですよね)、と超豪華陣。1話だけの出番でここまで豪華で、正直気付いたときは目が回りそうでした(?)  ○ギャグもまじめさも  ギャグ要素も交えつつも、命の危機が迫る斗貴子を守るためのカズキの戦いが丁寧に描かれていてgoodでした。ランスの使い方も、いよいよ会得したようで今後が楽しみです。といっても今回は実質ランスをほとんど振っていない(素振りはしてたけど)んですがね・・・  ちなみにまひろのボケキャラは原作よりもさらにパワーアップ。ここまで来ると兄超えてるよ、完全に(笑)  ○創造主、現る  次回、いよいよ創造主パピヨン登場です(声や姿は出てはいますが、本格登場は次回から)。そして最大の護衛主・鷲尾が立ちはだかります。空を飛べる鷲尾にカズキや斗貴子はいかにして対抗するのか?そして原作ならカズキの似顔絵ネタが大爆発するのですが、果たして再現されるのか?  

武装錬金1 [DVD]
高見明男(デザイン)和月伸宏(原著)大和屋暁(その他)
発売日:2007-01-25
おすすめ度:4.5