モーション・グリーン

ブログ開設14年目!今年も「紡ぐ」発信を目指す読書・アニメ・特撮感想ブログ。

機動戦士ガンダム00 #3「変わる世界」感想

 ー未だ全貌の見えない‘ガンダム’これは争乱を呼ぶ元凶か、それとも争乱を止める救世主かー  ○揺れ動く者たち  CBについての各国の反応が丁寧に描かれていて、今回も好反応です。  ここまで見て、番組の流れとしては、明らかに各国の動きが視聴者目線なんですよね(笑)どちらかというとCBの方がラスボス的な謎めいた発言・行動を取っていてやや不気味ショック!CBの謎に各国が挑んでいき、解明していくというドキュメンタリー的なタッチが続いているので、しばらくはCB有利な情勢は動きそうになくて一安心(?)  CBが、世界に挑んでいく、という展開なはずなのに、世界が、CBに挑んでいく、かのような展開に見えてしまうのが、妙に新鮮で妙に落ち着かない。要は今までのガンダムとギャクの構図。これはおもしろい。。。  で、各国の動きですが、わずかな残留物やデータから分析をする→煙が立たないという流れを現実的に描写しているところがまたいい。例えば前回パージしたキュリオスのC装備、「おいおい、捨てていいのか?足付くぞ」というツッコミをされていた方が多くいらっしゃいましたが、そのツッコミにきちんと答えたことで、CBの組織性と戦略性、周到さを改めて浮き彫りにする展開が熱い。  鮮烈なデビューからか、それともガンダムが強調されたからか。CBへの過小評価が聞かれないのが、リアルで生々しいなあ。  目を付けるところがみんな似通っている反面、ガンダムにターゲットを絞ったユニオンの動きがやはり台風の目でしょうか。目を潰そうとするあたりが「世界の調停者」を自認するところですかね。ユニオンにとっても、このままミリタリーバランスが崩れることは好ましくない、ということでしょうか。他国と闘争ではなく経済力で競おうとする姿勢が見えるだけに。  レイフ・エイフマン教授に、エクシアのライバル(?)グラハム・エイカー、ビリー片桐のチーム。何か、彼らが主人公?    ○見上げる先に  着実にミッションをこなしていくガンダムマイスターですが、戦いの姿勢に関して言えば、やはり差異はあるようで。  強健派はティエリア。穏健派はアレルヤ。まとめ役にして良識派がロックオン。といったところかなあ。    「宇宙が落ち着く」と語るティエリア、かたや「重力はイイ」という人革連のセルゲイ中佐。  1話からの発言を聞くと、裁きをくだすかのようなティエリアの戦いに対する姿勢がマッチしていたのは良いのですが、何か他にも裏がありそう・・・それに対して、いかにも実戦経験からのたたき上げな雰囲気を醸し出すセルゲイ中佐。この対比が妙に印象に残ったな。この手のおっさんキャラは熱狂的ファンが付きそうなだけに。    印象に残ったと言えば、前回からに引き続くエクシアVSグラハム、そしてエクシアVSセルゲイ。  いずれも実力のあるエースパイロットとの戦いですが、現時点では機体性能でエクシア(刹那)が一枚上手な感じ。  「俺に触れるな」で刹那の、ガンダムに対する神格化(己自身への神格化を含む)が一層露わになった感はありますけどむっ  ○歴史が、動いた  北アイルランド紛争終結して、まさに世界がCBの‘裁き’に屈し始める。  この歴史的事実を、今まさに勉強していた学生を通して、衝撃の強さを印象づけている、この脚本と構成の絶妙さに脱帽ひらめき電球沙慈やルイスの学生たちが、この後この世界にどう関わっていくのかは見えていませんが、この‘歴史’の目撃者として、視聴者に一番近い目線の代弁者として、当面は関わっていくのかな、と感じました。  といっておきながら、その歴史的事実の立役者が隣部屋に住んでいるという状況を見ると、目撃者じゃ終わらないかも・・・  3話目にして、早くもCBの行動が実を結んだ形となりましたが、沙慈が受けた衝撃は別としても、根っこが絶たれたわけではない事を考えると、今回の紛争停止が『恐怖』によるものであることは十分考えられます。だとすれば力による支配・屈服を奨励・宣言しているようなモノで、コレが解決方法?という?の部分を残した形になっていると思います。まあ、何かのきっかけで吹き出すとは思いますが。  また、世界各地で起きている紛争の中には様々な利権がらみのモノも少ない(2話もそうでした)だけに、今後国家が武力支配を強化することは自明であり、果たしてどこまでCBはこの路線を続けていくのか、見物です。  ○その他  ・キュリオス、いつの間に追加装備を装備したんでしょ?  ・プトレマイオスの動力源自体がガンダムからの供給に頼っていることが判明。つまり、誰かがプトレマイオスにいなきゃだめ、ということか。かなりの足かせになりそうな予感。  ・当初の想像とは違い、振り回すと言うより甘えの部分が多いルイス。等身大といえばそれまでだけど、沙慈はかなりもてあまし気味(笑)  ・祝杯をあげたがるスメラギさん(しかも私服)。飲みたいだけかっ(爆)  

 

ブログランキング・にほんブログ村へ  

images