モーション・グリーン

ブログ開設14年目!今年も「紡ぐ」発信を目指す読書・アニメ・特撮感想ブログ。

BLEACH 145話感想

 新たな力を手に入れた雨竜とチャド。破面2人を撃退した3人は、はるかな離宮を目指して、ひたすらに(ケンカしたり、寄り道したりしながら)走り続ける。藍染が十刃を招集したことを知らず、彼らは終わりなき戦いに挑む!!  ○ついに登場、十刃  前期OPで、姿こそ出てきたものの、声は初めてのみなさま。原作で未だ名前が出てこない十刃がいるので、出演者のところにも声優さんの名前はあれど役名がない、という妙なクレジットになってましたねえ。  注目株でいくと、  ザエルアポロ・グランツが鳥海浩輔さん(電王でアントホッパーイマジンの声で出演されていたのが記憶に新しいところ)  ハリベルが蔵馬(幽遊白書)や碇シンジエヴァンゲリオン)でおなじみ緒方恵美さん  スタークがヴィクター(武装錬金)こと小山力也さん  そして(十刃じゃない人も含めると)  ペッシェ・ガティーシェは子安武人(もう平成ガンダムシリーズに欠かせないお方。列挙できないくらい多数の作品に。ご出演)  そして、ネルが‘かねとも’こと金田朋子さん。(ちなみに事務所は一護役の森田さんやコン役の真殿さんとおなじ青二プロダクション)  金田さんと言えば、織姫役の松岡由貴さんが唯一モノマネできる声優さんとして有名(?)「かねとも、でてないけどねー」なんて言ってましたが、満を持して(?)の登場。これで晴れてモノマネしてください、松岡さん(爆)  それにしても、姿は出ているけども本編ではしゃべらず、死神図鑑Gではじめてしゃべるギン様(涙)  ○みんな急げよ流れ星  今回は作画がやけにヒドい気がする。藍染は顔が丸くて、いつもの怖さを感じなかったし、一語達は表情が雑になっていて、必死さがあんまり出てこなかった気がするなあ。  砂場を懸命に走っているシーンも使い回しだから、カット数だけならそれほど今回は多くなかったのでは?とも思ったのだけれども。まあ次回に期待ですね。  それにしても、前主題歌ALONESで、ワタクシを熱くさせた、砂漠を疾走する姿を拝めただけでも満足とします(まだ恋次ルキアがいませんが)。もっとも作画のせいもありますが、この3人だとややお笑い方向に走りがちなので(実際走ってます)、落ち着いた人間か、落ち着きが為さすぎるメンバーを希望(笑)  さてさて、のんきな状況になってますが、まだまだ先は長い。そろい踏みの十刃に、一語達は対抗できるのか?そもそもこの救出編がいつまで続くのか?原作との兼ね合いをどうするのかを楽しみにしてます。   アニプレックス BLEACH 破面(アランカル)・出現篇 5 【完全生産限定版】  出現篇の最終巻。飾るは、虚化した一護です!!!