モーション・グリーン

ブログ開設14年目!今年も「紡ぐ」発信を目指す読書・アニメ・特撮感想ブログ。

BLEACH 190話感想

 さてさて、大人の事情で(笑)中断していた破面・虚圏編が再開。予想通りというか親切(?)というか、これまでのダイジェスト中心の190話。前回のコント風な再開裏側からして、どこから再開するのかなあ、と思いながら見てました。  ○OP・ED一新  久々のaqua timesのOPはかなり燃えました。明るさだけじゃなくて厳しさ・残酷さ・辛さといったマイナス要素が含まれているような気がして身が引き締まります。ラストの現世組・死神・仮面の軍勢3者そろい踏みのシーンは、遂に来た、って感じですパンチ!  EDは「おおっ」となってしまった。それくらい新しい見せ方でしたねえ(スーパーイリュージョン?)ちょっと立体的でおもしろかった。  ○おさらい  ダイジェストがほとんどだったので内容に関してはそれほど触れる部分がないのですが、改めて、ここまでの虚圏編は一護と織姫の物語だったのだな、と再確認。    本当に望んでいることを掴むことで、みんなを護り、みんなに護られる覚悟を決めた織姫(こちらを参照)  護ること、戦うこと。自分の中のつながらない思いを昇華し、行動と理念をつなげた一護。 共通しているのは、己の行動と、願っていることが、実は微妙に異なっていたことに気づき、両方面から一致させてきた、ということ(要するに、やっていることと言っていることが一致した、ということ)     なので、織姫と一護の戦いは、一旦ここで終わっているのです。この後、グリムジョーよりも強いとされるノイトラとの激闘が控えていますが、おそらくここで一護が力尽きても、それは一護と織姫が掴んだ答えの否定にはならない、と思っています。原作通りで行けば、今後援軍が到着するのでしばらくは純粋にバトルを楽しんで見たいですね。  ○その他  ・忘れてた、ザエルアポロ戦も未消化だったのねえぇぇぇぇぇぇぇぇぇ!!こっちはまるで勝てる見込みがないのだが、大丈夫なのか、恋次たち。  ・これまた久し振りのコン&花太郎。花太郎が台本持っていたのに吹き出した(´0ノ`*)  

劇場版BLEACH The DiamondDust Rebellion もう一つの氷輪丸 【完全生産限定版】 NEWBLEACH バーサス・クルセイド 特典 BLEACH バーサス・カードカレンダー2009付き NEWTV Animation BLEACH Original Soundtrack 3 ブログランキング・にほんブログ村へ images