モーション・グリーン

ブログ開設14年目!今年も「紡ぐ」発信を目指す読書・アニメ・特撮感想ブログ。

仮面ライダーキバ 第41話 【ララバイ・心を解き放て】感想

 渡、復活の回。  渡を立ち上がらせたのが、人間側でもファンガイア側でもなく、母である真夜だったというところがやや意外だったけど、その結果として、「人間でもファンガイアでもない、ただ僕として生きる」決意をしたことには、素直に感動した。一番難しい選択をしたのだから。  そしてその渡を後押しした真夜(の幻影?)には、紛れもなく音也が彼女に伝えた想いが宿っている、というところが感じられてさらに感動(゚ーÅ)今回はいつにも増して長々と言葉で説明するのではなく、間であったり表情であったりと、見せる(魅せる)ことで視聴者に感じてもらう、という高等な手法が数割増して展開されているような気がしました。ごちそうさまですキラキラ  ○現代ー人を揺り動かすものー  「もう一度友達にならへんか?」  もう、今回のMVPセリフはこれでしょう。健吾が本当の自分をさらけ出した中で渡に言った言葉。渡にとって、本当は一番欲しかったセリフのはずなんですが・・・  冒頭でも触れましたが、結果として人間側もファンガイア側も渡を立ち上がらせることまでは到りませんでした。が、どちらとも拒絶したのかと言えばそうでもなかったですねえ、「もう誰とも会わない」と言っておきながら結局ほぼ全員と会ってましたし(笑)  人間・ファンガイアどちらにもつけないから、と踏み込んだ関係を拒絶しながらも、何かしらの会話をしていく辺りで、すでに渡にとって彼らは「人間だから」「ファンガイアだから」という境界線で線引きをしているわけではないのだな、と思いました。あくまで境界線は自分自身にあり、自身がどちらでも無い存在であるがゆえに、相手をどちらかに色塗りした存在として感じてしまうのかな、と。  その一方で、どこか救いを求めている部分もあったはず。打算ではなくその優しさに対して素直な感情を出した健吾に胸が熱くなりました。相当遠回りしたけど(笑)自分が中途半端であるが故に何かにすがらなきゃ自分を保てない、そんな胸の内を出せたことは相当大きかったような気がする。渡にとっても心を痛めていたことが1つ浄化された瞬間。これを断ったことも渡の優しさなのかもしれませんね。  人間側の心の触れあいに比べると、どうもファンガイア側は役割分担を任せる、といった事務的要素すら含まれているように感じてしまう。深央はどんどん視界が狭くなってるし、太牙は決めつけてしまっている。一見優位なポジションにいながら別のところを見ているこの2人にも暗雲が立ちこめているような・・・一応どちら側でもない者として復活を遂げた渡に、友人(肉親・恋人など)としての関係を築こうとするならば渡も受け入れてくれるはずなのに。。。  渡を軸にした人間関係に一応の場所が見えてきて、いよいよ現代編では確信へと進みそうな気配が出てきました。  渡との関係を築き、団結感はある人間側ですが嶋さんという存在がいる以上一枚岩とはいかなさそう。  これに対して、そもそも一枚岩ですらないファンガイア側は、深央×太牙の対立すら起こりそう(心情では既に起こっている)また、太牙のいう「闇のキバの力」はまだ太牙には伝承されていないという事実も気になるところ。真夜がなぜ「闇のキバの力」を握っているのか、なぜそれは継承されていないのか・・・  ○過去ー魂の鳴動ー  「俺は、真夜に惚れている」  ああ、言っちゃったよ。このセリフを言ったことで、音也×ゆり×真夜の関係がいっぺんに動き出しました。というより、バランスが完全に崩れました。当事者である音也がどう思っているのか、ということを口に出さなかったことで三者のバランスは微妙ながらも保たれてきていたのだから。  これを「愛」と言うのかどうかは、正直微妙な気がしています。というのも音也が真夜に惹かれたのは、美貌や雰囲気もあるでしょうが、自分の才能(音楽)を理解してくれたことに対する想いがきっかけのはずで、ゆりに対する一途な愛情とはベクトルが違うと思うから。  と愛を語ってみてはみたものの(笑)これも愛、なのでしょう。少なくても音也にとっては、そして真夜にとっても。  密かに聞いていたゆりの切なそうな表情が何とも言えなかった(T_T)  そして真夜はこの時、初めて「愛」を自覚したのかな、「大切なのは魂だ」は音也らしい一言でしたし。音也ファンにとっては賛否両論だろうけど、自分の気持ちのままに動くという音也の本質からは全く外れていないだけに、久々に音也らしい熱さが見られて満足ロケット  かなりコメディチックだったけど、アームドモンスター3匹と音也との友情には、笑いと感動が同時に押し寄せてきて、どう自分の中で整理したらよいか分からなくなった(爆)特に次狼は見ていて熱くなりました、封印された姿を見て激昂する音也からも、この2人の数奇な出会いから生まれた友情を感じずにはいられない(涙)  結果として3匹は封印されることで、1つの謎は解けましたが「次狼と音也との約束」話しは出てきていないので今後なんだかの形で音也と次狼は再会するものと思われますが・・・  ○その他  ・音也(+ゆり)宅にて変身するゆりと真夜。人の(自分の)家で戦うな、家が壊れる(@ ̄Д ̄@;)  ・過去、現代共通して無敵の強さを誇っていたイクサナックルが初めて破られたヽ*1ゝ  ・風呂で変身したまま泣いてるガルルがとんでもなくシュール叫び大笑いしてしまいました。    ○次回  ・キバVSサガ。やっぱり避けられない兄弟対決の行方は?  ・捕らえられた音也。今度は真夜が己の感情と向き合う時、果たして真夜は決められるのでしょうか?  

劇場版 仮面ライダーキバ 限定
TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D)
発売日:2009-01-21
おすすめ度:4.0
 NEWDESTINY(DVD付)  ◆仮面ライダーキバ VOL.7  ◆仮面ライダーキバ&炎神戦隊ゴーオンジャー 劇場版スピンオフネットムービー  ◆Roots of the King(DVD付) ブログランキング・にほんブログ村へ images

*1:◎д◎