モーション・グリーン

ブログ開設14年目!今年も「紡ぐ」発信を目指す読書・アニメ・特撮感想ブログ。

【2009年読破本208】史記武帝記2

史記 武帝紀 2

 

 

漢、飛躍の章。

これまで衛青・武帝を中心に展開していたこの小説。

敵方・漢国内の文官目線が加わり、かなり幅が広くなった。

色々な視点を楽しめるは北方作品の魅力の一つだけど、このシリーズもそれが鮮明に。

 

司馬遷と学問に対する考え方は、現代の専門家と現場の担当者の意見の相違を思い浮かべるととてもわかりやすい構図。

 

史記 武帝紀 2

史記 武帝紀 2

 

 

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

 


読書感想ランキング