モーション・グリーン

ブログ開設14年目!今年も「紡ぐ」発信を目指す読書・アニメ・特撮感想ブログ。

楊令伝に続く、北方水滸伝第3作執筆決定?

 少し前の話しになりますが、北方謙三氏から気になる北方水滸伝の続編に関する発言がありましたのでご紹介。 ↓発言があった雑誌はコチラ

 以下、要点をばまとめてみると ◆(楊令伝は)従来の国を創るのではなく、‘ユートピア’を創ったがために梁山泊は崩壊する。ただ、‘ユートピア’によって生まれた国の形の新たな可能性は、国境を越えた商業・経済・貿易などの活動となっていく。国とは何かという結論については、まだ掴み切れていない。 ◆(続編では)国境を越えた活動に関するものから物語は展開していくだろう。 ◆(続編は)楊令伝の連載が終了後、1年ほど時間を置いて執筆していきたい。 ◆(続編で)水滸伝の世界を描くのは最後 ◆(「史記武帝記」は)死ぬまで書き続けたい。  その他、北方謙三の考える女性像の話しもありましたが、なんといっても、北方水滸伝の第3作の構想についてコメントされていたことが、なんといっても大きい。  言われてみれば、楊令伝にて自由市場を提唱した蒋敬を始めとした商業・経済、貿易に携わるメンバーはいずれも健在。あまり出番のない盛栄・牛直にも役割が廻ってきそう。  子午山でも王進・蔡豹は武術ではなく商売で生計をたてているとか。  結構続編の種になりそうなメンバーは揃っているのね。楽しみになってきました、楊令伝も15巻(連載はあと3回)かどうかはまだ未定ですが、続編があることを考えると、17巻まで伸ばすのではなく、あとわずかの連載というところにどうやら落ち着きそうですね。  何はともあれ、まだまだ続くとは嬉しい限り(=⌒▽⌒=)  

【追記】  今回の北方氏の発言があった雑誌の号数が間違っておりました。申し訳ありません。  正しくは月刊 FX ( エフエックス ) 攻略.com ( ドットコム ) 2010年 04月号 [雑誌]ではなく、月刊 FX ( エフエックス ) 攻略.com ( ドットコム ) 2010年 03月号 [雑誌]です(この追記アップ時には修正済)  風の便りだと、なんとこの記事が2chに掲載されているとか・・・  誤解させてしまい、本当にすいませんでした。 ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン ↑投票受付中です。