モーション・グリーン

ブログ開設14年目!今年も「紡ぐ」発信を目指す読書・アニメ・特撮感想ブログ。

2010年5月読書のまとめ

 さてさて、5月の読書量はどんなもんだったのでしょ? 読んだ本の数:13冊 読んだページ数:3269ページ  えーーー、というくらい、量が激減しましたね(涙)  Me2.0 天地明察などの、読み応えある本読み始めたので、ペース落ちてることもありますが、最大の原因は疲労で、出社・帰宅時に爆睡して読書できてないから・・・  うーん、来月(今月)はどうなるだろ・・・ 機動戦士ガンダムUC (8)  宇宙と惑星と (角川コミックス・エース 189-9)機動戦士ガンダムUC (8) 宇宙と惑星と (角川コミックス・エース 189-9) 分かり合えるのか、というテーマで訪れた、バナージとミネバへの試練。結局1人じゃ、世界はおろか自分すら変えられないことがはっきり見えてきましたね。さすがに2人が善意を当てにしすぎてる感があるけど、現実に過去に軸を置いて生きている人たちを狭義と言い切れない現実。「それでも、と言い続けろ」これしかないのでしょうね・・・ 読了日:05月01日 著者:福井 晴敏,矢立 肇,富野 由悠季
銀魂-ぎんたま- 34 (ジャンプコミックス)銀魂-ぎんたま- 34 (ジャンプコミックス) おまけページで劇場版の宣伝しまくってる空知サンに爆笑。サンタ完結編に山崎パン祭りに年賀状に、と大爆笑エピソード満載。シリアスモードの中にも大爆笑あり。銀魂はこうでなきゃ。欲を言えば年賀状の話しは今年中にアニメでやってほしかったなあ。 読了日:05月05日 著者:空知 英秋
新テニスの王子様 3  (ジャンプコミックス)新テニスの王子様 3 (ジャンプコミックス) これまでにない「敗者」からのテニプリ。超人伝説健在やら、酒取ってくるやら、と単独で読むとイマイチな展開も、コミックス全体で読むと不思議といいアップテンポのファクターになってる(笑) 読了日:05月05日 著者:許斐 剛
Vジャンプブックス ニンテンドーDS版『ドラゴンクエストモンスターズ ジョーカー2』ランクアップナビゲーターVジャンプブックス ニンテンドーDS版『ドラゴンクエストモンスターズ ジョーカー2』ランクアップナビゲーター ハマリすぎてて生活バランス崩してる(爆)ゲームの攻略本。普通にやってたらわからなかったであろう情報満載。行き詰まったら読んでみるのもアリ 読了日:05月05日 著者:Vジャンプ編集部
剣鬼・疋田豊五郎 (光文社時代小説文庫)剣鬼・疋田豊五郎 (光文社時代小説文庫) 前半の修行編はおもしろかったのだけれど、後半のVS忍者戦は、不思議と心躍らなかったなあ。一派を起こすまえに終わってしまったのも密かにマイナス。続編期待。 読了日:05月06日 著者:近衛 龍春
信長の親衛隊―戦国覇者の多彩な人材 (中公新書)信長の親衛隊―戦国覇者の多彩な人材 (中公新書) 革命児・独裁者など異名の多い信長。そんな主君を支え続けた有能な近臣を大フィーチャーした1冊。マニアックな内容ではありますが、本能寺の変まで織田軍団が機能していた背景が見えて勉強になります。人材の厚みは組織の厚み、見習うべき点は多いです。 読了日:05月10日 著者:谷口 克広
機動戦士ガンダム ガンダム最強伝説(竹書房文庫)機動戦士ガンダム ガンダム最強伝説(竹書房文庫) ガンダム~Vガンダムまで、正にガンダムを掘り尽くす1冊。細かい技術論から歴史に果たした役割まで、これでもかっ、というくらいガンダムが凝縮されてます。MSV関係など周辺も取り上げられており、地味にUCの内容も入ってます。。。 読了日:05月11日 著者:MEGALOMANIA
小説すばる 2010年 06月号 [雑誌]小説すばる 2010年 06月号 [雑誌] 【楊令伝】ついに宣言された、「次回最終回」。迫る決戦、怒濤のように散っていく一〇八星。そして崩壊の刻・・・次回は涙無しには読めないかも(?) 読了日:05月17日 著者:
前田慶次郎と直江兼続 (PHP文庫)前田慶次郎と直江兼続 (PHP文庫) 武辺者・傾奇者とは違う、生き方に苦悩する慶次郎が読める、なかなか珍しい1冊。がその一方で兼続の描写が非常に中途半端になってしまったのは残念。著書の他作品を読まないと深みが増さないのはマイナスに見えてしまう・・・ 読了日:05月19日 著者:近衛 龍春
名探偵コナン 68 (少年サンデーコミックス)名探偵コナン 68 (少年サンデーコミックス) 前巻のメインストーリー絡みの展開から、またいつもの雰囲気へ。日常の事件も楽しいけれど、息詰まるメインストーリー展開が段々恋しくなる今日この頃・・・ 読了日:05月20日 著者:青山 剛昌
歴史の使い方 (日経ビジネス人文庫 グリーン さ 3-6)歴史の使い方 (日経ビジネス人文庫 グリーン さ 3-6) もっと早く読みたかった1冊。歴史好きはもちろん、歴史には縁遠い方にも是非オススメしたい要素が満載。文庫版にあたり加筆修正しなくても問題なかったほどの、当時の著者の鋭い観点と、肩肘張らずに読み進められる心地よさが、何とも言えない欲求をかき立ててくれます。時間を置いてまた読み直したい、そう思わせる本です。 読了日:05月24日 著者:堺屋 太一
バガボンド(33) (モーニングKC)バガボンド(33) (モーニングKC) 言葉じゃなくて、絵で、動作で、風景で語りかける、井上さんの見えない力に、モヤモヤさせられる1冊。倒した相手のバックボーンを感じ、数多の人間を斬ったその自分にさえバックボーンがあることを悟らせられる武蔵。全てを捨てたつもりが、残っていた「自分」。「近いところ遠いところの違いはあれど、同じ中心の円だ」に、光と闇の双方を感じ、読み終わってモヤモヤが残った。 読了日:05月27日 著者:井上 雄彦
へうげもの 古田織部伝―数寄の天下を獲った武将へうげもの 古田織部伝―数寄の天下を獲った武将 話題?のへうげもの、こと古田織部に関する研究書。織部ってダレ?な方にはオススメ。それにしても写真やら資料やら入れてくれれば、著者の思いが一層伝わると思うのだけれど・・・ 読了日:05月27日 著者:桑田 忠親
読書メーター ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ ブログランキング【くつろぐ】 ↑ランキング参加中です。