モーション・グリーン

ブログ開設14年目!今年も「紡ぐ」発信を目指す読書・アニメ・特撮感想ブログ。

【2013年読破本122】史記 武帝紀 2 (ハルキ文庫 き代小説文庫)

史記 武帝紀 2 (ハルキ文庫 き 3-17 時代小説文庫)

 

 

北方史記の第二巻。

今巻が武帝(漢)の最盛期といっても過言ではないくらい、武帝の思い描いた光景が実現しつつあった時期。

 

ただ、武帝の思考の穴?と衛青の思わぬ脆さが露呈し、危うく大ピンチに・・・

中央集権の弱みですよねえ。

 

衛青が天才的戦術家とはいえ、基本は根っこ(トップ)があってこそ。

武帝がしっかりしていないと(涙)

 

が、漢には霍去病という次世代の天才が現れ、このまま行けば軍事は安泰か・・・

 

そして匈奴は一時の落ち目から、頭屠を見出して組織の再編と中央集権化を目指す。

皮肉にもお互いを高め合う流れになった攻防の行方は?

 

 

史記 武帝紀 2 (ハルキ文庫 き 3-17 時代小説文庫)

史記 武帝紀 2 (ハルキ文庫 き 3-17 時代小説文庫)

 

 

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

 


読書感想ランキング