モーション・グリーン

ブログ開設14年目!今年も「紡ぐ」発信を目指す読書・アニメ・特撮感想ブログ。

【2013年読破本126】英傑の日本史 激闘織田軍団編 (角川文庫)

 

英傑の日本史 激闘織田軍団編 (角川文庫)

 

井沢本。今回は織田家武将編。

 

この本も他のシリーズ同様、紹介武将ラインナップはかなり豪華。

信長の項はないものの、他者を通して信長の人物像が浮き彫りになってくる構成になっているので「知らない人ばっかり~」とおっしゃらずに是非ご一読を(ま、「逆説の日本史」をはじめとして、この中世は関連書籍がいっぱいあるので重複している要素はあるけれど・・・)

 

佐久間盛政や浅井長政の項で「ん?」という箇所もあったけれど、史料を全てと思わず、前後の展開から推測した‘真実’を恐れることなくぶち込んでいく。

他の本同様、井沢節は今回も健在だ。

 

 

 

英傑の日本史 激闘織田軍団編 (角川文庫)

英傑の日本史 激闘織田軍団編 (角川文庫)

 
英傑の日本史 激闘織田軍団編 (角川文庫)

英傑の日本史 激闘織田軍団編 (角川文庫)

 

 

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

 


読書感想ランキング